セキュリティ : Cisco Firepower Management Center

Sourcefire アプライアンスはファイル生成手順を解決します

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Sourcefire アプライアンスでトラブルシューティング ファイルを生成する方法を記述されています。 トラブルシューティング ファイルはログメッセージ、コンフィギュレーションデータおよびコマンド 出力の収集が含まれています。 Sourcefire システムのステータスを判別することを使用します。 Sourcefire アプライアンスからのトラブルシューティング ファイルを送信 するように Ciscoサポート エンジニアが要求すれば、この資料で提供される手順を使用できます。

著者:Cisco TAC エンジニア、ナズムル・ラジブ。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • 防御センターおよび管理センターのような Sourcefire 管理 アプライアンス、

  • FirePOWER デバイス モデル(Series-3)、3D デバイス モデル(Series-2)、および仮想デバイス モデルのような Sourcefire 管理対象装置。 

: 管理 アプライアンス自体を、または管理対象装置のためのトラブルシューティング ファイル生成するために防御センターか管理センターを使用できます。 FirePOWER デバイス(Series-3)モデルは 7000 シリーズ、7100 シリーズおよび 8000 シリーズ 管理対象装置が含まれています。 Series-2 管理対象装置モデルは 3D500 が、3D1000、3D2000、3D2100、3D2500、3D3500、3D4500、3D6500、3D9900 含まれています。

使用するコンポーネント

このこの文書に記載されている情報はソフトウェア バージョン 5.0 またはそれ以降を実行する Sourcefire アプライアンスに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

生成するは Webインターフェイスでファイルを解決します

生成するためにこれらのステップを解決しますファイルを完了して下さい:

  1. 健康 > 管理 アプライアンス Webインターフェイスのヘルス モニタにヘルス モニタ ページに達するためにナビゲート して下さい。

  2. アプライアンスを拡張するために特定のステータスのアプライアンスを、クリックします行の端に矢印をリストし、表示して下さい:



    ヒント: ステータス水準点のための行の端に矢印がより低い表に、そのステータスのためのアプライアンス リスト現われれば。 矢印が権限を指す場合、アプライアンス リストは非表示です。

  3. アプライアンス リストのアプライアンス カラムでは、詳細を表示したいと思うアプライアンスの名前をクリックして下さい。 ヘルス モニタ アプライアンス ページは提示されます。

  4. トラブルシューティング ファイルを『Generate』 をクリック して下さい。 トラブルシューティング オプション ポップアップ ウィンドウは現われます。

  5. 可能性のある トラブルシューティング データすべてのレポートを生成するためにすべての Data チェックボックスをチェックするかまたはレポートをカスタマイズするために個々のチェックボックスをチェックして下さい:



  6. 『Generate』 をクリック すれば 管理センターはトラブルシューティング ファイルを生成します。

    ヒント: タスク待ち行列のファイル生成プロセスを、ナビゲート システム > モニタリング > タスク ステータスに監視するため。

ダウンロードはファイルを解決します

生成されるのコピーをダウンロードするためにこれらのステップを解決しますファイルを完了して下さい:

  1. システム > モニタリング > 管理 アプライアンス Webインターフェイスのタスク ステータスに Status ページ タスクに達するためにナビゲート して下さい。

  2. 生成したトラブルシューティング ファイルに対応するアプライアンスが完了されるにトラブルシューティング ファイルおよびタスク ステータス 変更を生成した後、タスクを見つけて下さい。

  3. 生成されるファイル リンクを取得し、ファイルをダウンロードするためにブラウザ プロンプトに従うようにクリックをクリックして下さい。



    : ファイルは .tar.gz 単一 ファイルのデスクトップにダウンロードされます。

代替世代別メソッド

前のセクションに説明があり、管理 アプライアンス Webインターフェイスにアクセスすることができないまたは管理 アプライアンスと管理対象装置間に接続上の問題があれば世代別方式を使用するように試みれば、トラブルシューティング ファイルを生成できなければ。 この場合、トラブルシューティング ファイルを生成するためにアプライアンスの CLI を使用できます。

生成するは CLI でファイルを解決します

防御センターおよび Series-2 デバイス

トラブルシューティング ファイルを生成するために防御センター、管理センターおよび Series-2 管理対象装置でこのコマンドを入力して下さい:

admin@3DSystem:~$ sudo sf_troubleshoot.pl 

Starting /usr/local/sf/bin/sf_troubleshoot.pl...
Please, be patient. This may take several minutes.
Troubleshooting information successfully created at /var/common/xxxxxx.tar.gz

FirePOWER および仮想デバイス

トラブルシューティング ファイルを生成するために FirePOWER デバイスおよび管理対象装置のこのコマンドを入力して下さい:

> system generate-troubleshoot all
Starting /usr/local/sf/bin/sf_troubleshoot.pl...
Please, be patient. This may take several minutes.
The troubleshoot option code specified is ALL.
Troubleshooting information successfully created at /var/common/xxxxxx.tar.gz

コピーはファイルを解決します

防御センターおよび Series-2 デバイス

トラブルシューティング ファイルをコピーするために防御センター、管理センターおよび Series-2 管理対象装置でこのコマンドを入力して下さい:

admin@3DSystem:~$ sudo scp troubleshoot_file_name username@destination_host:
 destination_folder

FirePOWER および仮想デバイス

トラブルシューティング ファイルをコピーするために FirePOWER デバイスおよび管理対象装置のこのコマンドを入力して下さい:

> system file secure-copy hostname username destination_folder troubleshoot_file

: この例では、ホスト名はターゲット リモートホストの名前か IP アドレスを示します、ユーザ名はリモートホストのユーザの名前を規定 します、destination_folder はリモートホストの宛先パスを規定 し、troubleshoot_file ローカルを解決します転送のためのファイルを規定 します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117663