セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

メッセージを検疫する方法の簡易メール フィルタ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ジェイソン Sikorski およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

 

質問:

方法メッセージを検疫する例メール フィルタを提供できますか。

回答:

ある特定のメッセージを検疫するための正しく文書によるフィルタの例は下記にあります:

quarantineMessages:
if (mail-from == 'foo@bar\\.org')
{
quarantine('MyQuarantine');
}

注:

メッセージ フィルターかコンテンツ フィルタを作成した場合、最終的で、非最終的なフィルタ アクション間の違いに留意して下さい。

現在のフィルタおよびそれに続くフィルターによって適用される非最終的な操作割り当て追加操作。 

最終措置は更に処理から現在のメッセージを停止します。

3 つの(3)最終措置があります:

  • drop()
  • bounce()
  • deliver()

メッセージを検疫するためにフィルタを書くときメッセージを検疫した後最終措置を使用しないことは重要です。 そうすることは検疫からメッセージを発表します従って最終措置は実行されたことができます。

メッセージ フィルターに関する詳細については、Cisco サポート サイトの AsyncOS 前進ユーザガイドを参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118139