セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

回るオン/オフ ダイナミック コンテンツ 分析があるはずですか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

ヤコブ Dohrmann および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問:

回るオン/オフ ダイナミック コンテンツ 分析があるはずですか。


環境: CIWUC を実行する AsyncOS バージョン 7.1 および それ 以上を実行する Cisco Web セキュリティ アプライアンス

最もよい結果のための Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)で有効に なる ダイナミック コンテンツ 分析(DCA)機能があることを推奨します。

従って DCA はそれらが URL 分類データベースに追加されるまでインターネットのサイトより新しいのの多くにトラフィックの、まだ分類されなくて分類を、助け。 DCA は大人、ポルノグラフィー、フィルタ 無効化、賭けることおよび他のような不愉快なコンテンツの分類を高めるために調整されます。

ダイナミック コンテンツ 分析 mis 分類のリスクは低く、カスタム カテゴリへ内部 サイトを追加することによって更に減ることができます。 DCA によって mis 分類されるページを見つけたら、分類のためのそのようなサイトを報告するのにサポート ポータルの Cisco Web 使用方法 コントロール URL 送信ツール(CIWUC)を使用して下さい。

ユーザガイドからの接続された抜粋はダイナミック コンテンツ 分析(DCA)エンジンで、詳細およびバックグラウンドを提供します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118063