Cisco IOS と NX-OS ソフトウェア : Cisco IOS XR ソフトウェア

Cisco IOS XR を実行するルータのためのサービスパック 外観

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco IOS ® XR ソフトウェアを実行するルータのためのサービスパック(SP)を説明したものです。

エディー Chami およびデイヴィッド電源によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco IOS XR ソフトウェア バージョン 4.3.2 および それ 以降
  • Cisco IOS XR ソフトウェアのインストールおよびアップグレード手順

使用するコンポーネント

Cisco 集約 サービス ルータ(ASR) 9000 シリーズ ハードウェアで動作するこの文書に記載されている情報は Cisco IOS XR ソフトウェアに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

このドキュメントは、次のハードウェア バージョンでも使用できます:

  • Cisco ASR 9001
  • Cisco ASR 9001-S
  • Cisco ASR 9006
  • Cisco ASR 9010
  • Cisco ASR 9904
  • Cisco ASR 9912
  • Cisco ASR 9922

IOS XR SP 外観

SP は 1 個のパッケージに多重プラットホーム依存(PD)およびプラットフォーム 独立 した(PI)ソフトウェアメンテナンス更新(SMUs)を結合します。

SP の目標は依存しない SMU 管理 間接費を減らすことです。 SP は SP パッケージ インストール エンベロープ(円)の単一か小さい数を通して修正の同じ数を提供します。

傘および複合 SMUs はまた単一円の複数の修正を提供し、よくあります。 それらは一般的に 特定 の コンポーネントの PD 修正または PI 修正である、あらかじめ定義された境界の下で落ちる修正を提供します。 4.2.3 合成 SMU、C-SMU1 および C-SMU2 は PD 修正だけ含まれています。 BGP 傘 SMU は PI BGP コンポーネント変更だけ含まれています。 SP はこれらの境界を取除き、一つのパッケージで渡されるべき PD および PI 修正すべてを可能にします。

このダイアグラムは規則的な SMUs と比較されたとき SP の外観を説明します:

本番 SP

SP は Cisco IOS XR ソフトウェア バージョン 4.3.2 および それ 以降のためのサポートされたメンテナンスリリースの平均 2ヶ月間隔で形式的に開発され、テストされ、リリースされます。

オプションの円との SP 動作

SP はオプションのパッケージすべてが(MPLS か MGBL、たとえば)システムでインストールされるように要求しません。 唯一の前提条件は Cisco IOS XR がインストールされていることです。

インストールされていないオプションのパッケージのための修正はアクティブになられるようになりません。 オプションのパッケージのための修正をアクティブにするために、SP 前にパッケージがインストールするオプションの円は SP インストールの後でインストールすることができます。 admin を SP が修正が含まれているオプションのパイを理解するために示しますインストールにアクティブな detail コマンドを使用して下さい。

この例では、SP はマルチキャスト(MCAST)円のための修正が含まれていません、従って円はトラブルなしでインストールすることができます:

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K-PE3#admin show install active detail 
disk0:asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:asr9k-9000v-nV-supp-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:asr9k-os-mbi-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:iosxr-service-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:asr9k-fpd-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:iosxr-mgbl-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:iosxr-mpls-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:asr9k-fwding-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:iosxr-routing-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:iosxr-infra-4.3.2.sp-1.0.0
disk0:asr9k-base-4.3.2.sp-1.0.0

SP 再始動型

SP に必須をリロードするために常に設定 される 再始動型があります。

(DDTS)含まれている、および置き換えられる他の SP を文書化する SMU のコンテンツ、影響、分散欠陥 追跡 システム各 SP に readme.txt ファイルがあります。

SP コンテンツを識別するためにインストール前の SP 円のインストールが SP 円の円情報 <sp-pie> コマンド、追加することを SP がインストールされていた、または admin は示しますadmin を示しますインストール パッケージ <sp-package> コマンドを使用して下さい。

: 示します SP インストールの後で、バージョン 5.1.1 および それ 以降とだけこの情報をいずれかの時点で確認するためにインストール パッケージ spdesc コマンドを admin を使用できます。

SP 命名規則

SP は関連する警告が含まれている readme.txt 関連するファイル構成されています、およびバイナリファイルで。 次に例を示します。

  • asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0.pie
  • asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0.txt
  • asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0.tar

命名規則はプラットフォーム型リリース SP バージョン ファイル 形式に準拠します:

  • プラットフォーム: asr9k(ASR 9000)
  • イメージ タイプ: px
  • リリース: 4.3.2 (たとえば)
  • ファイルフォーマット:
    • .pie
    • .txt
    • .tar

CDC からのダウンロード SMUs

SP は Cisco.com (CDC)にダウンロード Software Center にあります。

SP をダウンロードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 次にダウンロード Software Center とルータ プラットフォーム型にナビゲート して下さい。

  2. ダウンロード ホーム > 製品 > ルータ > サービス プロバイダー エッジ ルータ > Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ > Cisco ASR 9006 へのナビゲート ルータ

    : この例は Cisco ASR9006 ルータを使用します。 ナビゲーション パスはルータ プラットフォーム型に関連して変わります。

  3. IOS XR サービスパックを選択して下さい

SMU の配信タイムライン

SP はリリースのライフのおよそ 8 から 10 週毎に渡されます。

SMU の優先順位および前提条件

このセクションは SMU を置き換えます前提条件記述し。

優先順位

SP がリリースに特定である SP ソフトウェア整列(LU)に託されることを理解しておくことは重要です、同じリリースのための SMU LU と異なっている。 それ故に、それは SMU ビルド処理の注意深い考察なしで SP の上に展開されるべき SMU のためのチャレンジです; SMU メタデータは SP のナレッジとプログラムする必要があります。  

: 現在、SP の上の SMUs はサポートされません。 緊急な修正が SP の上に必要である場合、次の SP は促進されます。

SP は累積によって構築され、各新しい SP リリースは十分にある特定のリリースのための前 SP を置き換えます。 リリースのためのより新しい SP はそのリリースのための前の SP のインストールなしでインストールすることができます。 また、SP は互いの上に SP バージョンにいくつかのギャップがあっても問題なくインストールすることができます。

SP を識別するために置き換える使用する 2 つの手法はここにあります:

  • readme.txt ファイルをチェックして下さい SP が付いている。
  • Ciscoソフトウェア マネージャ(CSM)を使用して下さい。

前提条件

5.1.1 以前のすべてのリリースのための SP はシステムがサービスパック円を理解するために前requiste SMU (CSCul58246)が前提条件の、またインストールされるように要求します。 5.1.1 ではこの情報は基本 コードに既にあっています、それ故に前提条件 smu が必要となりません。

SP インストール

SP を適用するためにこの 3 つの操作上ステップを完了して下さい:

  1. インストールをファイル システムに SP を追加するために追加します admin コマンドを入力して下さい。

  2. システムの SP をアクティブにするためにインストール アクティブ化 admin コマンドを入力して下さい。

  3. 読み込みを渡って耐久性があるようにインストールを SP 変更を保存するために行います admin コマンドを入力して下さい。

ヒント: 次の セクションに説明がある単一インストール オペレーションのステップ 1 および 2 を実行できます。

インストール例はアクティブ化オペレーションを追加します

この例は代替 SP インストール方式を提供したものです。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K-PE3(admin)#install add
 disk0:/asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0.pie activate

Fri Feb  7 14:01:31.675 UTC
Install operation 37 '(admin) install add /disk0:/asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0.pie
 activate' started by user 'cisco' via CLI at 14:01:31
UTC Fri Feb 07 2014.
Part 1 of 2 (add software): Started
The install operation will continue asynchronously.
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K-PE3(admin)#
Install operation 37 '(admin) install add /disk0:/asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0.pie
 activate' started by user 'cisco' via CLI at 14:01:31
UTC Fri Feb 07 2014.
Part 1 of 2 (add software): Started
Info:     The following package is now available to be activated:
Info:     
Info:         disk0:asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0
Info:     
Info:     The package can be activated across the entire router.
Info:     
Part 1 of 2 (add software): Completed successfully
Part 2 of 2 (activate software): Started
Info:     This operation will reload the following nodes in parallel:
Info:         0/RSP0/CPU0 (RP) (SDR: Owner)
Info:         0/0/CPU0 (LC) (SDR: Owner)
Info:         0/1/CPU0 (LC) (SDR: Owner)
Info:         0/2/CPU0 (LC) (SDR: Owner)
Info:         0/3/CPU0 (LC) (SDR: Owner)
Info:     Install operation 37 is paused as the user must answer a question.
Info:     Please continue the operation using one the following steps:
Info:      - run the command '(admin) install operation 37 attach
 synchronous'and then answer the query.
Info:      - run the command '(admin) install attach 37'
 and then answer the query.
Proceed with this install operation (y/n)? [y]
Info:     Install Method: Parallel Reload
Info:     The changes made to software configurations will not be persistent
 across system reloads. Use the command '(admin)
Info:     install commit' to make changes persistent.
Info:     Please verify that the system is consistent following the software
 change using the following commands:
Info:         show system verify
Info:         install verify packages
Part 2 of 2 (activate software): Completed successfully
Part 1 of 2 (add software): Completed successfully
Part 2 of 2 (activate software): Completed successfully
Install operation 37 completed successfully at 14:04:15 UTC Fri Feb 07 2014.

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K-PE3(admin)#

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K-PE3#show install active summary
Sat Feb  8 05:15:55.981 UTC
Default Profile:
  SDRs:
    Owner
  Active Packages:
    disk0:asr9k-mini-px-4.3.2
    disk0:asr9k-px-4.3.2.sp-1.0.0

もし必要なら、前のシステムの上に SP1 がある SP3 をインストールできます。 提示インストールからの出力はアクティブ SP としてだけアクティブな summary コマンド SP3 を示したものです。 次に例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9K-PE3#show install active summary
Sat Feb  8 05:15:55.981 UTC
Default Profile:
  SDRs:
    Owner
  Active Packages:
    disk0:asr9k-mini-px-4.3.2
    disk0:asr9k-px-4.3.2.sp-3.0.0

SMU 管理

CSM はユーザに手動で デバイスのために必要である SMUs を検索し、識別し、分析するために奪取 すること Cisco IOS XR SMU および SP 推奨事項を提供し、努力を減らします。 CSM は多数のデバイスに接続し、複数の Cisco IOS XR プラットフォームおよびリリースに SMU および SP 管理を提供できます。

CSM は Microsoft Windows、マッキントッシュ(MAC)、および UNIXシステムでインストールすることができるスタンドアロン アプリケーションです。 CSM は Cisco Carrier Routing System (CRS)および Cisco ASR 9000 シリーズ デバイス サポートします。

詳細については、『Cisco ソフトウェア マネージャ ユーザ ガイド(Cisco Software Manager User Guide)』を参照してください。



Document ID: 117550