音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM クラスタのセット アラートおよびモニタ リソース使用

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は方法で情報を実時間監視 ツール(RTMT)の使用の Cisco Unified Communications Manager (CUCM)クラスタのリソース使用のためのパラメータを監視する提供したものです。

組織のネットワーク管理者はクラスタで進行中である同時 コールの数を監視する必要があります。 ただし、ネットワーク管理者がクラスタのためのアクティブ コール、メディア リソース使用および他のパラメータの数を監視するのを助ける Cisco Call Manager (CCM) MIB がありません。 

ネットワーク管理者は 2 つの方法でこれらの呼び出しを監視できます:

  • パフォーマンス カウンターを使用して下さい。 パフォーマンス カウンターは PC で .csv ファイルへの CallsActive のようなパラメータのために絶えずダンプすることができます。 
  • Perfmon ログ トレース 収集を一定の間隔でスケジュールし、さまざまなサーバがあるようにログの CallsActive パラメータを確認して下さい。

アラートはまた特定のパフォーマンス カウンターが制限を過ぎて行くとき電子メールを送信 するか、またはシステムログ(syslog)でアラートを印刷するために設定 することができます。 管理者はそれ以上のリソースがクラスタに必要となるかどうか分析するのにそれからこのアラート情報を使用できます。

Sreekanth Narayanan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件 

要件

Cisco は持ち、CUCM のナレッジを理解します RTMT のオペレーションを推奨します。

使用するコンポーネント

この ocument の情報はこれらのソフトウェア および ハードウェア バージョンに基づいています:

  • CUCM リリース 8.X
  • RTMT プラグイン

:  差込式 CCMAdmin ページ下アプリケーション > プラグインから RTMT をダウンロードして下さい。

E メールの RTMT を設定して下さい

mail.xyz.com と呼ばれる簡易メール転送 Protocoll (SMTP)サーバとドメインで機能メール サーバを、Exchange サーバのような、使用して下さい。

それは RTMT の E メールを設定しやすいですです非常に簡単。

  1. システム > ツール > アラート > 構成電子メールサーバを選択して下さい



  2. ホスト名-メール サーバ フィールドのメール サーバの…入力し、Port フィールドでポート番号を入力して下さい。

  3. メールを得ることを望む E メール ID を入力して下さい。



  4. [OK] をクリックします。 電子メールは eメールアドレスに送られます。 この場合、受信者の eメールアドレスはアラート セクションで設定されます。 次の セクションでこれが表示されます。

セットアップ アラート

RTMT の Performance タブをクリックして下さい。 RTMT は IP アドレスとクラスタでサーバをロードします。 これらのサーバのそれぞれの下で彼がサーバ実行、Cisco CallManagerサービスのような、またはアプリケーションを流す Cisco IP 音声メディア保守するサービスのリストはあります。

サービスのそれぞれの下でパラメータのリストはあります。 このスクリーン ショットでは、Cisco CallManagerサービスがあり、それの下で、CallsActive、CallsAttempted および CallsCompleted のような多くのパラメータがあります。 のリアルタイムのこれらのパラメータ表示するために、クリックし、エリアおよびグラフの右側へのパラメータが現われること引張らなければなりません。

  1. CallsActive ウィンドウを右クリックし、一定アラート/Properties ボタンをクリックして下さい。



  2. 説明を Description フィールドで入力し、重大度 ドロップダウン リストから重大度を選択して下さい。 [Next] をクリックします。



  3. 値上の/チェックボックスの下でチェックし、このカウンターのための制限を設定 するために値を入力して下さい。 [Next] をクリックします。



  4. アラート トリガー スケジュールを設定 して下さい。



    E メールが既に設定され、管理者に通常重要 な アラートを発信すればのに RTMT が SMTP を使用すればこのカウンターのための E メール アラートを同様に設定できます。

  5. 表示する必要があるメール テキストを設定 して下さい。 [Configure] をクリックします。 これは新しい eメールアドレスを設定 します。

  6. [Save] をクリックします。 E メールは前のセクション(RTMT_Admin)で設定したメール ID からここに設定されるメール ID に送信 されます。 このスクリーン ショットを参照して下さい。



  7. カスタムがカスタム タグの syslog の警告 することを参照して下さい。



  8. パフォーマンス ウィンドウをベース(Perfmon カウンター)で右クリックし、ポーリング間隔を設定 し、オプションを記録 して下さい。 .csv ファイルにダンプされる値について極めて特殊である場合もあります。 RTMT セッションが開いている場合、この特定のパラメータのための統計はコンピュータで .csv ファイルにダンプされます。




関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117890