セキュリティ : Cisco コンテンツ セキュリティ管理アプライアンス

SMA バックアップはローミングを否定されるサーバと失敗します- [Errno 32] 壊れたパイプ エラー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 23 日) | フィードバック

概要

ターゲットへのソース Ciscoセキュリティ 管理 アプライアンス(SMA)からのバックアップ プロセスがエラー「ローミングを否定されるサーバと SMA なぜ失敗するかこの資料に記述されています- [Errno 32] 壊れたパイプ」。

著者:Cisco TAC エンジニア、Enrico Werner

背景説明

バックアップのためのこれらの制限および必要条件が満たされるようにして下さい:

  • AsyncOS 同じバージョン
  • ネットワークのターゲット SMA
  • セキュア シェル(SSH)のアプライアンス間の通信
  • ターゲット アプライアンスのキャパシティは同じまたはより大きいです
  • 1 つのバックアップ プロセスだけ一度に動作します

問題

1 SMA から別の SMA にデータをバックアップするとき、バックアップは失敗します。 エラーメッセージがバックアップ ログにここに現われるのを参照して下さい:

Wed Jun 11 15:40:07 2014 Warning: BACKUP: Errors: ssync errors during backup to 
10.7.72.15, Reason: Server denied roaming - Write failed: Broken pipe -  - errors:
"[Errno 32] Broken pipe" - Wed Jun 11 15:40:40 2014 Warning: BACKUP:
Errors: ssync errors during backup to
10.7.72.15, Reason: Server denied roaming - Write failed: Broken pipe - errors:
"[Errno 32] Broken pipe"
Wed Jun 11 15:40:40 2014 Warning: BACKUP: Failed: phase One for the service: isq
Wed Jun 11 15:40:57 2014 Critical: BACKUP: FAILED: Backup job(migrace) for
mgmt2.iol.cz scheduled to start at 11 June 2014, 15:34 to 10.7.72.15 failed with errors
-  tracking:Server denied roaming - Write failed: Broken pipe -  - errors:
"[Errno 32] Broken pipe"
isq:Server denied roaming - Write failed: Broken pipe -  - errors: "[Errno 32]
Broken pipe" - isq:Server denied roaming - Write failed: Broken pipe - errors:
"[Errno 32] Broken pipe".
 

解決策

システムが既に閉じてしまった接続を続け、使用するように試みる時エラー[Errno 32] は壊れたパイプ エラー 一般的に発生します。 あらゆる潜在的な層があるように 2 つの問題を確認し、etherconfig > メディアからの結果および CLI を使用して netstat を-両方の SMA の NI 検知 して下さい。

source_SMA> etherconfig

Ethernet interfaces:
1. Data 1 (100baseTX full-duplex: ) 00:1e:c9:51:9a:20
2. Data 2 (Autoselect: ) 00:1e:c9:51:9a:22
3. Management (100baseTX full-duplex: ) 00:10:18:34:d4:bf

source_SMA> netstat -ni

Name    Mtu Network       Address              Ipkts Ierrs Idrop    Opkts Oerrs  Coll
Data 2 1500 < Link#1 >    00:1e:c9:51:9a:22        0     0     0        0     0     0
Mana~t 1500 < Link#2 >    00:10:18:34:d4:bf 11081531     0     0 11779530     0     0
Mana~t 1500 10.7.72.0     10.7.72.18         1746167     -     -  1870789     -     -
Data 1 1500 < Link#3 >    00:1e:c9:51:9a:20 24323550     0     0 23750730     0     0
Data 1 1500 192.168.30.0  192.168.30.252     6139415     -     -  6089676     -     -



target_SMA> etherconfig

Ethernet interfaces:
1. Data 1 (100baseTX full-duplex: ) d4:ae:52:87:f4:44
2. Data 2 (Autoselect: ) d4:ae:52:87:f4:46
3. Data 3 (Autoselect: ) d4:ae:52:87:f4:48
4. Management (100baseTX full-duplex: ) d4:ae:52:87:f4:42

target_SMA> netstat -ni

Name    Mtu Network       Address              Ipkts Ierrs Idrop    Opkts Oerrs  Coll
Mana~t 1500 < Link#1 >      d4:ae:52:87:f4:42   122700    62     0    12289     0     0
Mana~t 1500 10.7.72.0     10.7.72.15           38051     -     -     1033     -     -
Data 1 1500 < Link#2 >      d4:ae:52:87:f4:44   154093  1235     0    54906     0     0
Data 1 1500 192.168.30.0  192.168.30.245       45116     -     -    50445     -     -
Data 2 1500 < Link#3 >      d4:ae:52:87:f4:46        0     0     0        0     0     0
Data 3 1500 < Link#4 >      d4:ae:52:87:f4:48        0     0     0        0     0     0


 

受け取るアプライアンスは(target_SMA)管理およびデータ 1 イーサネットインターフェイス両方の入力エラーを示します。 target_SMA はに接続されることことをスイッチ確認すれば、問題が SMA と Ciscoスイッチ間の非互換性であることがわかります。 インターフェイス 速度 および デュプレックスの自動 検出にもかかわらず、デバイスは両方とも同じ設定を選択することができません。 SMA は 100baseTX 全二重を検出するが、スイッチで、100baseTX 半二重だけあり、100baseTX 全二重に設定する必要があります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117835