セキュリティ : Cisco Firepower Management Center

Sourcefire 防御センターおよび FirePOWER アプライアンスをイメージ変更して下さい

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 1 月 5 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco FireSIGHT Management Center (FMC)および FirePOWER アプライアンスをイメージ変更するための例のプロセスを説明したものです。

ネイサン・ジョーンズによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は次のハードウェアモデルに基づき、各モデルのために利用可能 な ソフトウェア バージョンをリストします

管理対象装置

FireSIGHT 管理センター

のために利用可能 な ソフトウェア バージョンはイメージ変更します

Cisco FirePOWER 7000 シリーズ

Cisco FirePOWER 7100 シリーズ

Cisco FirePOWER 8100 シリーズ
Cisco FirePOWER 8200 シリーズ

FS 750
FS 1500
FS 3500

5.2 またはそれ以降

火力 8300 シリーズ

Cisco AMP 7150
Cisco AMP 8150

 

5.3 または それ以降

プロセスをイメージ変更して下さい

注意: FireSIGHT Management Center か FirePOWER アプライアンスをアップグレードするか、またはイメージ変更するとき USB 記憶装置を取り付けませんでしたり、またはキーボード、ビデオおよびマウス(KVM)スイッチを差し込まないで下さい。

はじめに

  1. 管理センターかスタンドアロン火力デバイスをイメージ変更することを計画する場合続行する前にアプライアンスをバックアップすることを推奨します。

  2. センサーのモデルを識別し、Components Used セクションでこのガイドが適切であることを確認するためにモデルのリストを使用して下さい。

  3. Cisco サポート サイトから望ましいソフトウェア バージョンのための適切なインストレーションガイドおよびディスクイメージをダウンロードして下さい。

    .iso ファイルの名前を変更しないで下さい。


    イメージを動作して下さい: .iso ファイルはホストにコピーする必要がありますイメージ変更されるべきアプライアンスの管理ネットワークから到達可能 SSH サーバを実行する。

    : 他の SSH サーバが利用できない場合、FMC はこのプロセスに使用することができます。

    ISO の統合を検証して下さい: ファイルの md5sum は md5sum ユーティリティを確認にページの右側で与えられます。

  4. インストレーションガイドはステップバイステップでイメージ変更します手順を含んでいます。 イメージ変更を完了するためにガイドのステップに従って下さい。 この資料で提供されるスクリーン ショットは参照に使用することができます。

イメージ変更プロセスの外観

: 5.3 バージョンがこの技術情報のスクリーン ショットをキャプチャ するのに使用されました。 イメージ変更プロセスはスクリーン ショットに現われるバージョン番号を除いて他の 5.x バージョンのために同一です。


Figure 1


図 2 -システムがリブートするとき、秒読みを次に描写される画面のための System_Restore オプションを選択するために停止させるためにキーボードの矢印キーを押して下さい。

System_Restore プロンプトが表示する場合、復元パーティション(DOM)に直接起動するためにブート順序を変更して下さい。 詳細については、System_Restore が LILO メニューオプション抜けていることを参照して下さい。


図3


図 4 -キーボードを使用し、監視したら『Option 0』 を選択 して下さい。


図 5:


図 6


図 7 -ネットワークデバイスを選択するために、スペースバーを押して下さい。


図 8


図 9


図 10


図 11


図 12


図 13


図 14


図 15 - Ciscoサポートは Secure Copy(SCP) プロトコルを使用することを推奨します。


図 16 -このステップのために SCP サーバとして FireSIGHT Management Center を使用することは可能性のあるです。 .iso ファイル /var/tmp にか FireSIGHT Management Center で /var/common を保存し、管理センターのためにシステム Restore メニューのフィールドにデータ入力するために IP アドレスおよび資格情報を使用して下さい。


図 17


図 18


図 19

: 期待されたメッセージの代りに接続エラーをこの時点で受け取る場合、SSH サーバへの接続を確認して下さい。



図 20 - .iso イメージを選択するために、スペースバーを押して下さい。

: .iso ファイルのためにデフォルト ファイル名を使用することを必要としますまたはファイルはこのステップで検出するかもしれません。


図 21


図 22 - Ciscoサポートはこのプロセスのステップ 3 をスキップすることを推奨します。 イメージ変更が完了する後パッチおよび Snort ルール更新(SRUs)はインストールすることができます。


図 23


図 24


図 25


図 26

別の主要なソフトウェア バージョンからのイメージ変更に関する注記: 以前に別の主要なソフトウェア バージョンを実行したデバイスをイメージ変更するように試みれば、あなたのような 5.1 > 5.2 を、5.2 > 5.3、5.3 > 5.2、等イメージ変更すれば図 1 - 26 で二度描写されるステップを完了しなければなりません。

  1. 図 26 示されているプロンプトで『OK』 を選択 した後システムの復元パーティションは新しい バージョンおよびアプライアンス リブートに点滅します。
  2. 再度ブートするが、イメージ変更プロセスを初めから再度始め、31 によって図 27b で描写されるプロセスによって繰り返される必要があった後。

これが第 1 別の主要なソフトウェア バージョンから、見ます図 31 および 32 に先行している図 27a で描写される画面をイメージ変更して下さい。

注意: この画面を見る場合、目に見える出力無しに「ハードウェア」をチェックした後および「USB デバイスの前に…」遅延があるかもしれません。 現時点でキーを押さなければ、またはデバイスは使用不可能 な 状態にリブートし、もう一度イメージ変更される必要を。

これが事実ではない場合、図 27b の画面が図 32 表示されます。


図 27a


図 27b


図 28


図 29


図 30


図 31


図 32

トラブルシューティング

System_Restore LILO メニューオプションはリストされていません

FireSIGHT Management Center および FirePOWER 7000 および 8000 シリーズ アプライアンスはイメージ変更システムが含まれている統合されたフラッシュ ドライブを備えています。 「System_Restore」オプションが LILO (Linux ローダー)ブート メニューにリストされていない場合、イメージ変更を完了するためにこのドライブにアクセスすることはまだ可能性のあるです。

7010、7020、および 7030 のデバイス

70XX シリーズ デバイスを使用する場合、ブート デバイスを選択するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 段階的の電源遮断のアプライアンス。

  2. アプライアンスの電力はブート デバイス選択画面にアクセスするためにアプライアンスが起動する間、Deleteキーを繰り返し押し。 ここに示されているスクリーン ショットを参照して下さい:


    A1 を計算して下さい


    A2 を計算して下さい

  3. 保存及び Exit タブを選択するために右矢印キーを使用して下さい。 このタブで SATA SM を選択するために下矢印キーを使用して下さい: InnoDisk。 - InnoLite は入力 キーを押し。


    図 A3

  4. キーボードを使用し、監視したら『Option 0』 を選択 して下さい。


    A4 を計算して下さい


    A5 を計算して下さい

7110 および 7120 のデバイス

71XX シリーズ デバイスを使用する場合、ブート デバイスを選択するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 段階的の電源遮断のアプライアンス。

  2. アプライアンスの電源はブート デバイス選択画面にアクセスするためにアプライアンスが起動する間、F11 キーを繰り返し押し。 ここに示されているスクリーン ショットを参照して下さい:


    B1 を計算して下さい

  3. HDD:P1-SATADOM を『Option』 を選択 し、System_Restore パーティションに起動するために『Enter』 を押して下さい。


    B2 を計算して下さい


    B3 を計算して下さい

8000 シリーズ デバイスか管理センター モデル FS750、FS1500 または FS3500

8000 シリーズ デバイスか管理センター モデル FS750、FS1500、または FS3500 を使用したら、ブート デバイスを選択するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 段階的の電源遮断のアプライアンス。

  2. アプライアンスの電源はブート デバイス選択画面にアクセスするためにアプライアンスが起動する間、F6 キーを繰り返し押し。 ここに示されているスクリーン ショットを参照して下さい:


    C1 を計算して下さい

  3. USB オプションを選択して下さい。


    C2 を計算して下さい

  4. アプライアンスは System_Restore パーティションから起動し、System_Restore メニューを表示する。


    図 C3

リストされていないブート オプション

イメージ変更パーティションに起動するオプションが BIOS かブート メニューにリストされていないことは可能性のあるです。 イメージ変更システムが含まれているこれが事実である場合、ドライブは抜けませんまたは損傷されてかもしれません。 RMA はおそらく必要です。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118308