音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

トレースとの PIMG 統合

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はテクニカル アシスタンス センタ (TAC)で問題を解決するとき Unity 接続および PBX IP メディア ゲートウェイ(PIMG)で有効に なる もっとも一般的なトレースを記述したものです。 これらはプロセスを高速化するために TAC ケースをオープンする前にトレースします有効に なる可能性があります問題を解決するためにまたはあります。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

イネーブル トレース

Unity 接続のトレースを有効に するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Unity 接続サービサビリティに行って下さい。
  2. > マクロ トレース『Trace』 を選択 して下さい。
  3. コール制御(Miu)トレースを拡張して下さい。
  4. SIP システム チェックボックスがあるように確認して下さい。

次に、PIMG/TIMG (T1 IP メディア ゲートウェイ)のトレースを有効に するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. PIMG/TIMG で、行き、> トレース/ロギングは管理インターフェイスに『Diagnostics』 を選択 します。
  2. トレースの側で、『Configure』 をクリック して下さい。 Cisco はこれらのトレースをつけることを推奨します:
    • Tel -イベント チェックボックスをチェックして下さい。
    • Voip - Prot チェックボックスをチェックして下さい。
    • 熟達した-コール処理 識別子(CPID)ルールを解決したら All チェックボックスをチェックして下さい。
    • SI -設定とシリアルケーブルを使用したら、そして開始グリーティングか正しいメールボックスに行くコールに問題があったら All チェックボックスをチェックして下さい。
  3. [Submit] をクリックします。

この場合問題を再生して準備ができています。 問題を再生するとき、時間、発番号および着番号のメモを作って下さい。 また、直面する問題のよい説明を提供ことできて下さい。

トレースを開始し、収集して下さい

PIMG/TIMG のトレースを開始し、収集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. PIMG/TIMG で、行き、> トレース/ロギングは管理インターフェイスに『Diagnostics』 を選択 します。
  2. トレースの側で、コールは音声メールに転送する必要があることを期待すること十分な時間が渡った後テスト コールを『Start』 をクリック し、作って下さい。
  3. [Stop] をクリックします。
  4. トレースファイルを得るために『Download』 をクリック して下さい。

Unity 接続からの同じ時間からのトレースファイルを収集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 実時間監視 ツール(RTMT)を開いて下さい。
  2. 本部をトレースすることを及び記録 することを行って下さい。
  3. ファイルを収集します。
  4. メッセージ交換マネージャに接続して下さい。
  5. [Next] をクリックします。
  6. 再度『Next』 をクリック して下さい。
  7. テストの時に合うために収集時間の下に時間 範囲を調節して下さい。
  8. ダウンロード ファイルオプションでは、見つけることができるロケーションにダウンロード ファイル ディレクトリを変更して下さい。
  9. [Finish] をクリックします。 ファイルは Unity 接続サーバの名前のフォルダにダウンロードされます。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117572