音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Outlook はエラーを与え、VoiceMessage.wav ファイルを作成できません

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Outlook が VoiceMessage.wav ファイルを作成しない問題を記述したものです。 Outlook の音声 メッセージを再生するように試みるときそのメッセージのコピーは一時フォルダに置かれます。 Windows は 99 まで名前を増分します。 これは Cisco Unity Connection メッセージにちょうど使用する特定のプロセスではないです。 どのアプリケーションでも各添付ファイルのために同じ名前を使用するこの問題に直面します。

著者:Cisco TAC エンジニア Scott Hills

問題

時々 Outlook の音声 メッセージを再生するように試みるときこのエラーを受け取るかもしれません:

Cannot create file: VoiceMessage.wav. Right-click the folder you 
want to create the file in, and then click Properties on the
shortcut menu to check your permissions for the folder.

解決策

問題に対処するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ファイルが保存されるフォルダを見つけるために、Outlook のバージョンに基づいてパスのためのレジストリを検知 して下さい:
    • Outlook 2003 年- HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Security
    • Outlook 2007 年- HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    • Outlook 2010 - HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security
    • Outlook 2013 - HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Security
  2. OutlookSecureTempFolder 文字列型の値を検出し、Value Data フィールドで見つけ出すパスの注記を作って下さい。

    位置は類似したにです:

    C:\User\[user]\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\
    Content.Outlook\[folder]
  3. 前の手順からの位置があったら、エクスプローラをフォルダーの場所にナビゲート するのに使って下さい。
  4. VoiceMessage から開始するフォルダのファイルを削除して下さい。


Document ID: 117676