スイッチ : Cisco Nexus 1000V Switch

Nexus 1000v および UCS QoS 設定/統合例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Computing System (UCS)および Cisco Nexus 1000v スイッチのセットアップの仮想マシン(VM)のための Quality of Service (QoS)を設定し解決する方法を記述されています。 QoS は Nexus 1000v でおよび/または UCS レベルで制御されます。 この資料は両方のバリエーションおよび生じる効果を示したものです。

Vishal Mehta および Manuel Velasco によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • QoS
  • Cisco UCS
  • VMware ESXi
  • Cisco Nexus 1000V スイッチ

使用するコンポーネント

この資料のコマンド 出力はこれらのソフトウェア および ハードウェア バージョンに基づいています:

  • Cisco Nexus 5020 スイッチのバージョン 5.0(3)N2(2a)
  • Cisco UCS バージョン 2.1(1d)
  • シスコ仮想インターフェイス カード(VIC)を搭載した Cisco UCS B200 M3 ブレード サーバ 1240
  • vSphere バージョン 5.1 (ESXi および vCenter)
  • Cisco Nexus 1000V スイッチのバージョン 4.2(1)SV2(1.1a)

ソフトウェア バージョンは示された QoS 機能のための制限ではないです。 ただし、この資料の例は Cisco アダプタ カードのためだけに有効です。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドまたはパケット キャプチャ設定が及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

ネットワーク構成

このセットアップでは、UCS は仮想ポート チャネル(vPC)によって Nexus 5000 シリーズ swtich に接続されます。 UCS の各ブレードは 2 人のバーチャルネットワーク インターフェイス コントローラを(vNICs)、者および Nexus 1000v のための vSwitch のための他備えています。 両方のホストでインストールされる Operating System (OS)は VMware ESXi バージョン 5.1 です。 各ホストに Windows 2012 のゲスト OS の 1 VM があります。

ネットワーク セットアップについてのいくつかの詳細はここにあります:

  • SJTAC VM はホスト 172.16.16.220 (UCS ブレード 1/6)にあります。

  • TEST VM はホスト 172.16.16.222 (UCS ブレード 1/5)にあります。

  • ブレード 1/5 にネーム ESXi ローカルのサービス プロファイルがあり、ブレード 1/6 に ESXi-2 のサービス Profile Name があります。

サーバ 1/5 の Nexus1000v のための vNIC にファブリック プライマリ パスがあり、サーバ 1/6 の Nexus1000v のための vNIC にファブリックB プライマリ パスがあります。 従って、これらのホストを渡るトラフィックはアップストリーム Nexus 5000 スイッチを通って横断します。

設定

UCS グローバル な QoS 設定はここにあります:

イメージに示すように、銀の優先順位のどの QoS ポリシーでも金の優先順位との 2 というサービスの分類 (CoS)値およびそれらが 6.の CoS 値があるのをあります。

QoS ポリシー ミラノおよびフロリダは 2 つのホストのために作成されます。

UCS は制御するかどうか vNIC のための CoS はその特定の vNIC に割り当てられる QoS ポリシーのホスト コントロール フィールドによって厳しく決まります。

  • どれも選択されない場合、UCS は QoS ポリシーで与えられるプライオリティクラスと関連付けられる CoS 値を割り当てます。 それはの Nexus 1000v によって水平なホストで設定される設定無視します。

  • 十分に選択され、パケットに Nexus 1000v によって割り当てられる有効な CoS があれば UCS は水平なホストで割り当てられる CoS 設定を信頼します。 さもなければ、Cisco UCS は優先順位 ドロップダウン リストで選択される優先順位と関連付けられる CoS 値を使用します。

ミラノ QoS ポリシーに十分にのホスト コントロールがあります、つまりことを金優先順位意味します(CoS は 6)無視され、Nexus 1000v 設定は信頼されます。

フロリダ QoS ポリシーにどれものホスト コントロールがありませんつまりその vNIC のパケットすべてが銀製優先順位(Nexus 1000v でからの設定に関係なく 2) CoS マークし直されることを意味します。

QoS ポリシー ミラノはホスト VM - SJTAC ブレード 1/6 の vNIC に割り当てられます。 従って、Nexus 1000v でマークされる SJTAC によって送信 されるどのトラフィックでも信頼された非修飾です。

QoS ポリシー フロリダはホスト VM - TEST ブレード 1/5 の vNIC に割り当てられます。 従って、TEST によって送信 されるどのトラフィックでも CoS 値 2 への UCS でマークし直されます

Nexus 1000v で、2 つのポリシーマップは VM のそれぞれのために作成されます。 ポリシー gold_in_mark は 4 に CoS を設定 し、ポリシー silver_in_mark はここに示されているように 5 に CoS を設定 します:

この Nexus 1000v 設定は基本的な QoS 設定については見られるもっとも一般的な 設定です。

SJTAC VM (veth は 3) gold_in_mark の QoS ポリシー、および TEST VM を与えられます(veth は 6) silver_in_mark の QoS ポリシーを与えられます。

従って、SJTAC VM トラフィックは Nexus 1000v の CoS 4 でマークされます。 対応 ホスト(ブレード 1/6)にミラノ QoS ポリシーがあるので、その CoS は UCS を渡って非修飾であり、SJTAC から起こすすべてのパケットに CoS 4.の QoS 設定があります。

TEST VM トラフィックは Nexus 1000v の CoS 5 で最初にマークされますが、対応 ホスト(ブレード 1/5)に銀の優先順位のフロリダ QoS ポリシーがあるので CoS 2 の QoS 設定への UCS vNIC でマークし直されます。

UCS の設定を確認し、以前に説明されるようにマークし直すが QoS マーキング/パケットキャプチャで実際に見られると証明して下さい。

UCS のより詳しい QoS 設定に関しては、Quality of Service の設定を参照して下さい。

Nexus 1000v のより詳しい QoS 設定に関しては、Cisco Nexus 1000V Quality of Service コンフィギュレーション ガイドを、リリース 4.2(1)SV2(2.1) 参照して下さい。

確認

UCS CLI 設定が UCS マネージャGUI と設定されたことを確認して下さい。

この出力は対応した QoS ポリシーおよびプライオリティ設定を示したものです:

この出力は CoS 値の優先順位のマッピングを示したものです:

この出力は特定の vNIC のブレード 1/6 に適用される QoS ポリシーの確認を示したものです:

この出力は特定の vNIC のブレード 1/5 に適用される QoS ポリシーの確認を示したものです:

これは両方の VM を渡って始められる連続 ping を示します:

SJTAC VM IP は 172.16.16.224 であり、TEST VM IP は 172.16.16.228 です

パケットキャプチャはファブリック相互接続でホストを渡る QoS 設定を確認するために行われます:

キャプチャ 1:

キャプチャ 2:

前のキャプチャに見られるように、172.16.16.228 (TEST VM)から来るパケットは 172.16.16.224 (SJTAC VM)から来るパケットおよび CoS 2 の QoS 値で CoS 4.の QoS 値で設定されます設定されます。

これは UCS のホスト コントロール フィールドおよび VM レベルで起きる Nexus 1000v の QoS 設定がどのように共存し、トラフィックのための CoS パラメータを修正するか説明します。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 117541