IP : Open Shortest Path First(OSPF)

外部ルート 設定例のための Cisco IOS と NXOS 間の OSPF ルーティング ループ/準最適ルーティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Nexus および Cisco IOS ® 間の Open Shortest Path First (OSPF) プロトコルが Cisco IOS および Nexus オペレーティング システム(NXOS)で機能どのように設定されるかこの資料に記述されています。

Sumit Kothiyal および Vinod Sharma によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は OSPFプロトコルのナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • NXOS バージョン 6.2(6a)
  • Cisco IOSバージョン 15.1(4)M1

背景説明

Cisco IOSデバイス サポート RFC 1583。 ただし NXOS サポート RFC 2328 はそこにネットワークに外部 OSPF ルートがあるときこの相違点がネットワークのルーティングループを作成できるか設計であり。

重要な情報

方法に関する RFC 1583 と RFC 2328 の違いは、このセクションで複数の外部ルート間の最良 の ルートを選択する説明されています。

RFC 1583 セクション 16.4.6 から抽出して下さい

タイプ 1 外部パスを比較するために、フォーワーディングアドレスおよびアドバタイズされたタイプ 1 メトリック(X+Y)への距離の合計を検知 して下さい。  次にタイプ 2 外部パスを比較するために、フォーワーディングアドレスへのアドバタイズされたタイプ 2 メトリックおよび距離を必要ならば検知 して下さい。

新しいパスがより短い場合、ルーティング テーブル エントリの現在のパスを取り替えます。  新しいパスが同じコストである場合、それはルーティング テーブル エントリのパスのリストに追加されます。

: フォーワーディングアドレスがすべてのゼロ コストである場合、自律システム境界ルータ(ASBR)が最良 の ルートを選択するのに使用されています。

RFC 2328 セクション 16.4.1 から抽出して下さい

非バックボーン領域を使用するエリア内パスは最も優先 します常に。 他のパスは、エリア内 バックボーン パスおよびエリア間パス、等しいプリファレンスです。

設定

シナリオ 1

ネットワーク図

R3 および R4 は OSPF 外部タイプ E2 ルート同じメトリックの同じネットワーク 172.16.1.0/24 を再配布します。 R6 は ASBR R3 への前方メトリックがので R4 により低い R3 によってアドバタイズされるルートを優先し、172.16.1.0/24 のためのネクスト・ホップは R1 です。 (RFC 1583 によって、パス選択はコストにもっぱら基づいています。)

R6#sh ip ospf border-routers

OSPF Router with ID (192.168.6.6) (Process ID 1)

Base Topology (MTID 0)

Internal Router Routing Table
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route

i 192.168.4.4 [51]
via 192.168.56.5, GigabitEthernet0/0, ASBR, Area 2, SPF 17
>>>> Cost is 51 to reach R4 ASBR
.
i 192.168.1.1 [1] via 192.168.16.1, GigabitEthernet0/1, ABR, Area 2, SPF 17
I 192.168.3.3 [42] via 192.168.16.1, GigabitEthernet0/1, ASBR, Area 2, SPF 17
 >>>> Cost is 42 to reach R3 ASBR

R6#sh ip route 172.16.1.0
Routing entry for 172.16.1.0/24
Known via "ospf 1", distance 110, metric 20, type extern 2, forward metric 42
Last update from 192.168.16.1 on GigabitEthernet0/1, 00:02:13 ago
Routing Descriptor Blocks:
* 192.168.16.1, from 192.168.3.3, 00:02:13 ago, via GigabitEthernet0/1
Route metric is 20, traffic share count is 1

R1 はそれが ASBR へイントラエリア ルートであるのでより高いコストにもかかわらず R4 によってアドバタイズされるルートを優先します。 ルートはバックボーンエリアを通過しないし、ネクスト・ホップは R6 です(RFC 2328 によって)。

R1-NXOS# sh ip ospf border-routers
OSPF Process ID 1 VRF default, Internal Routing Table
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route

intra 192.168.2.2 [40], ABR, Area 0.0.0.0, SPF 18
via 192.168.12.2, Eth4/43
inter 192.168.3.3 [41], ASBR, Area 0.0.0.0, SPF 18 >>>> Cost is 41
via 192.168.12.2, Eth4/43
intra 192.168.4.4 [91], ASBR, Area 0.0.0.2, SPF 18 >>>> Cost is 91
via 192.168.16.6, Eth4/44

switch-R1-NXOS# sh ip route 172.16.1.0
IP Route Table for VRF "default"
'*' denotes best ucast next-hop
'**' denotes best mcast next-hop
'[x/y]' denotes [preference/metric]
'%' in via output denotes VRF

172.16.1.0/24, ubest/mbest: 1/0
*via 192.168.16.6, Eth4/44, [110/20], 00:10:41, ospf-1, type-2

R6 が R6 に R1 および R1 にパケットを送り返すそれらを送信すると同時にこれによりネットワークでループを引き起こします。

R5#traceroute 172.16.1.1 numeric
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 172.16.1.1
VRF info: (vrf in name/id, vrf out name/id)
1 192.168.56.6 4 msec 0 msec 0 msec
2 192.168.16.1 4 msec 0 msec 4 msec
3 192.168.16.6 0 msec 4 msec 0 msec
4 192.168.16.1 4 msec 0 msec 4 msec
5 192.168.16.6 0 msec 4 msec 0 msec

見るように、R1 と R6 間のパケットループ。 この問題を解決するために、NXOS の RFC 互換性を変更する必要があります。

R1-NXOS(config)# router ospf 1
R1-NXOS(config-router)# rfc1583compatibility

switch-R1-NXOS# sh ip route 172.16.1.0
IP Route Table for VRF "default"
'*' denotes best ucast next-hop
'**' denotes best mcast next-hop
'[x/y]' denotes [preference/metric]
'%' in via output denotes VRF

172.16.1.0/24, ubest/mbest: 1/0
*via 192.168.12.2, Eth4/43, [110/20], 00:00:40, ospf-1, type-2

この場合、R1 は R2 をそれを正しく指し示し、ループはネットワークから取除かれます。

R5#traceroute 172.16.1.1 numeric
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 172.16.1.1
VRF info: (vrf in name/id, vrf out name/id)
1 192.168.56.6 0 msec 4 msec 0 msec
2 192.168.16.1 0 msec 0 msec 0 msec
3 192.168.12.2 4 msec 0 msec 0 msec
4 192.168.23.3 4 msec 0 msec 4 msec
5 192.168.23.3 4 msec 0 msec 4 msec

シナリオ 2

ネットワーク図

R1 は NSSA 外部を受け取ります(R6 からの 7)型ルートおよび外部(同じのための R2 からの 5)型ルート プレフィクス 172.16.1.0/24。 R1 は型 7.に OSPF 型 5 の型 7 を、しかし普通好まれます好みます。

R1-NXOS# sh ip ospf database nssa-external 172.16.1.0 detail
OSPF Router with ID (192.168.1.1) (Process ID 1 VRF default)

Type-7 AS External Link States (Area 0.0.0.2)

   LS age: 914
   Options: 0x28 (No TOS-capability, Type 7/5 translation, DC)
   LS Type: Type-7 AS-External
   Link State ID: 172.16.1.0 (Network address)
   Advertising Router: 192.168.4.4                 >>>>> Type 7 originated by R4
and installed in the RIB.

   LS Seq Number: 0x80000001
   Checksum: 0x3696
   Length: 36
   Network Mask: /24
         Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
         TOS: 0
         Metric: 20
         Forward Address: 192.168.45.4
         External Route Tag: 0>


R1-NXOS# sh ip ospf database external 172.16.1.0 detail
 OSPF Router with ID (192.168.1.1) (Process ID 1 VRF default)


Type-5 AS External Link States

    LS age: 853
   Options: 0x2 (No TOS-capability, No DC)
   LS Type: Type-5 AS-External
   Link State ID: 172.16.1.0 (Network address)
   Advertising Router: 192.168.1.1         >>>>> Since Type 7 is installed
in the RIB, it was converted to type 5

   LS Seq Number: 0x80000001
   Checksum: 0xb545
   Length: 36
   Network Mask: /24
         Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
         TOS: 0<
         Metric: 20
         Forward Address: 192.168.45.4
         External Route Tag: 0<

   LS age: 596
   Options: 0x20 (No TOS-capability, DC)
   LS Type: Type-5 AS-External
   Link State ID: 172.16.1.0 (Network address)
   Advertising Router: 192.168.3.3              >>>>>>  Type 5 is also received from R3
   LS Seq Number: 0x80000002
   Checksum: 0x2250
   Length: 36
   Network Mask: /24
         Metric Type: 2 (Larger than any link state path)>
         TOS: 0
         Metric: 20<>
         Forward Address: 0.0.0.0
         External Route Tag: 0


R1-NXOS# sh ip route 172.16.1.0
IP Route Table for VRF "default"
'*' denotes best ucast next-hop
'**' denotes best mcast next-hop
'[x/y]' denotes [preference/metric]
'%<string>' in via output denotes VRF <string>

172.16.1.0/24, ubest/mbest: 1/0
    *via 192.168.16.6, Eth4/44, [110/20], 00:16:54, ospf-1, nssa type-2     >>>> Type 7
route is installed in RIB
.

R1 に OSPFルータ プロセスで設定される rfc1583compatibility コマンドがないし、ルーティングの型 5 リンク状態アドバタイズメント(LSA)の ADV ルータ ID がエリア 0 (バックボーンルータ)で到達可能であるので、OSPF は非バックボーン領域によってルートのためのパスを常に取ります。 この場合ネクスト・ホップはエリア 2 で選択されます(RFC 2328 によって)。

R1-NXOS(config)# router ospf 1
R1-NXOS(config-router)# rfc1583compatibility

R1-NXOS# sh ip route 172.16.1.0
IP Route Table for VRF "default"
'*' denotes best ucast next-hop
'**' denotes best mcast next-hop
'[x/y]' denotes [preference/metric]
'%<string>' in via output denotes VRF <string>

172.16.1.0/24, ubest/mbest: 1/0
    *via 192.168.12.2, Eth4/43, [110/20], 00:00:04, ospf-1, type-2     >>>> Type 5
route is installed in RIB.

推奨事項

ネットワークに OSPFv2 とともに実行する Cisco IOS および NXOS がある場合この互換性の問題によりネットワークでループか準最適ルーティングを引き起こす場合があるか他の設計またはネットワークシナリオがあります。

Cisco はネットワークが RFC1583 だけをサポートするデバイスが、それなら Cisco IOS 含まれている場合 NXOS OSPFルータ設定モードで RFC 1583 互換性 コマンドを使用するために推奨します。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117824