?????? : Cisco ONS 15454 シリーズ マルチサービス トランスポート プラットフォーム

MSTP システム APC-OUT-OF-RANGE アラームは解決します

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Multiservice Transport Platform (MSTP)システムで発する APC-OUT-OF-RANGE アラームのトラブルシューティングを実行するために使用されるステップを記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Sunil Poonia

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • MSTP システム、概念およびハードウェア
  • Cisco Transport Controller (CTC)
  • Ciscoトランスポート立案者(CTP)
  • それのような自動出力制御(APC)メカニズム、Automatic ノードを光パワー電力レベルを制御することを(アクティブ チャネルの ANS)パラメータおよび使用される数を設定するのに使用します

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CTC
  • 光カードのブロック ダイヤグラム

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

このドキュメントは、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

  • Cisco ONS15454 MSTP
  • ネットワークコンバージェンス システム 2000 (2000) NCS

背景説明

APC は増幅器、demimultiplexer (D-MUX)、マルチプレクサ (mux)、アド/ドロップ な カードおよび波長 Cross Connect カードのような光カードのゲインおよび可変光 減衰器(VOA)調整によって光パワー電力レベルの変更を補正する Cisco MSTP システムの最も大きい機能です。

APC-OUT-OF-RANGE 状態は APC システムがカード パラメータ 制限、不十分な光パワー電力レベル、またはディセーブルにされる APC が理由で光 レベルを調整しないとき上がります(APC は作業)。

この条件は VOA かゲインによって調整することができるポートだけで起こります。 この条件のためのさまざまな根本的な原因があり、この資料は最もありそうな物を記述したものです。

APC-OUT-OF-RANGE を解決して下さい

この状態を解決するためにこれらのメソッドを使用して下さい。

増幅器の APC-OUT-OF-RANGE

このアラームはこれらの光増幅器によって構築されるカードで参照される場合があります:

  • 15454-OPT-PRE=
  • 15454-OPT-BST=
  • 15454-OPT-BST-E=
  • 15454-OPT-AMP-C=
  • 15454-OPT-AMP17-C=
  • 15454-OPT-EDFA-24=
  • 15454-OPT-EDFA-17=
  • 15454-40-SMR1-C=
  • 15454-40-SMR2-C=

APC-OUT-OF-RANGE はアンプカードの出力ポートで一般に上がります。

次に、例を示します。

  • OPT-PRE に関しては、それは COM-TX ポートで見られます。
  • OPT-BST に関しては、それは LINE-TX にあります。
  • SMR2C に 2 台の内蔵増幅器が、PRE および BST あるので、LINE-TX か EXP-TX または両方である場合もあります。

これを理解するために、Cisco ONS 15454 DWDM コンフィギュレーション ガイドからの各カードのブロック ダイヤグラムを、リリース 9.6.x チェックして下さい

このアラームを参照するとき、設計および光増幅器 ゲイン 要件によって必要な総出力電力をチェックして下さい。

それを計算する数式はここにあります:

チャネル電源 + 10Log (n)ごとの総出力電力 =

  • チャネル電源ごとに = ANS パラメータ(Node View > プロビジョニング > WDM-ANS > プロビジョニング)からまたはカード ビュー > プロビジョニング > Opt.Ampli.Line > チャネル電源参考から得ることができるところ
  • N = アクティブ チャネルの数ところ。 カード ビューの下で Opt.Ampli.Line フィールドをチェックして下さい。 カードのために与えられるいくつかのアクティブ チャネルがあるはずです。

アクティブ チャネルの数が 10 であるチャネル電源参照ごとに 2dBm がであるシナリオを考慮すれば。 それから、総出力電力 = 2 + 10Log (10) = 12dBm。

: ログはベース 10.です。

この場合、この総出力電力を実現させるためにどの位ゲインが必要となるか判別して下さい。 これのために、どの位光パワーをカードが受け取るかチェックして下さい。 検査するべきかどのポートを確認するためにブロック ダイヤグラムを参照して下さい。 たとえば、OPT-PRE のために、チェック COM-RX; そして SMR1C のために、チェック行 RX。

受け取った光パワーは -10dBm であると仮定すれば、必要なゲインが 22dB です。

ゲイン = 必要な着信 光パワー総出力電力; そう、このシナリオで、ゲイン = -10 -12 =-22。 「取除きます-ゲインが +ve に常にあるので署名して下さい。

CTC で得るために関連する 2 つのパラメータがあります。 カードによって使用される実際の現在のゲインの計算がここでは使用される同じ方式によって行われた後コントローラカードによって与えられる他がセット・ポイント ゲインの 1 つはゲインであり。

この時点でカードにアラームがあることを、確認します、セット・ポイント ゲインは 22dB であり動作利得はまた 22dB であるはずです。 この場合、ゲインのこの量がカードのために可能性のあるだったかどうか確認するために増幅器仕様を参照して下さい。 この表を参照して下さい:

この表から、BST のようなカードについては AMP-17、SMR-2 BST、RAMP-C その、EDFA-17、わかり、RAMP-CE は、22dB のゲイン ハードウェアの制約が可能性のある原因ではないです。

このような場合、レシーブ ポートの光パワー電力レベルがあるように確認するために 15 分履歴パフォーマンスか 24 時間履歴パフォーマンスを探して下さい。 着信 レベルを減少させ、そのようなゲインのためのカードを強制した光パワー電力レベルに劣化があるかもしれません。

このシナリオに関しては、可能 な 解決策はファイバ改正または設計変更です。 一時的な次善策は遠端からカードのゲインの増加を用いる光パワー電力レベルを上げることをもし可能なら試みることです; ただし、これはパスのエラーを誘導できるので、推奨されません。

設計変更を設定するために、新しい損失値の MPZ ファイルをアップデートし、次にそれを分析して下さい。 Cisco 前進サービス(AS)チームはそれと助ける必要があります。 従って、最初のプリファレンスはファイバ改正常にです。

計算の後で、判別しますセット・ポイント必須ゲインが 4dB であることを、可能性はである何か。

次に着信ポートおよび短いスパンを補正するために Rx ポートに減衰器を置く必要があり、それがないことは損失を減少させた、または可能性のあるですファイバ改正の光 パフォーマンス履歴があるように多分確認して下さい。 また設計 ファイルに減衰器値があり、それがなかったらファイバ改正イベントが起こらなかった場合設計 ファイルを、のでチェックして下さい。

一時ソリューションはその特定のカードのためのゲイン 仕様に達するためにいくつかの減衰器パッドを使用することです。 減衰器をできるだけ低い保存して下さい。

計算が表に基づいてゲイン 範囲の内で下った後 CTC の条件の外観見つけ、確実であるために『Retrieve』 をクリック する必須ゲイン。 ディセーブルにされる APC のような他のあるアラームが、あるかもしれません。 そうでなかったら、それから APC ドメインがあるように確認して下さい。 これをし、Network ビュー > メンテナンス > APC > リフレッシュに行き、必須スパンを選択し、APC 進行状況状態があるように確認するため。 それは完了する必要があります; それが同じ状態でおよび長い間動作するか、または無効なら、問題があります。 APC が停止し、システムが修正をされないことをディセーブルにされる APC か無限時間の走行状態の APC は意味します。 これのための多くの原因がある場合もありますがもっとも一般的なは変更です 3dB より多くより少しの光パワー電力レベルまたはです。 変更が 3dB より多くまたは小さい場合 APC 停止。 

このような場合より詳細な分析が必要となるので、Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。 詳細についてはテクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Ciscoワールドワイドコンタクツ ページを参照して下さい。

アド/ドロップ な(AD)カードの APC-OUT-OF-RANGE

C 帯域のために利用可能 な AD カードには 3 つの型があります。

  • AD-1C
  • AD-2C
  • AD-4C

トラブルシューティング方式はカードすべてのため本質的に同じです。 この資料は C 帯域 カードにだけそれらが広く利用されているので焦点を合わせます。

チャネル 送信する(CH-TX)ポートの APC-OUT-OF-RANGE

AD-4C のブロック ダイヤグラムに示すように、すべての 4 つの送信するチャネルのための 1 VOA (P12)があります。

: ANS パラメータにチャネル 光パワーのためにセット・ポイント仕様があります。

ANS パラメータをチェックするために、Node View > プロビジョニング > WDM-ANS > プロビジョニングに行き、アラームがそこにある特定のスロットがあるように CHAN-TX を確認して下さい。

このポートの APC-OUT-OF-RANGE アラームはポートが ANS パラメータで与えられる望ましい光パワー電力レベルを達成することができないことを示します; +3/-3dBm より多く VOA が減衰を残されない場合変更がであるとはたらかないし、可能性のあるである場合もないこれは APC によってディセーブルにされるアラームが理由でそうなったものであるかもしれません。

トラブルシューティング プロシージャを開始するために、アラームが観察されるポートの光パワー電力レベルに注意して下さい。 光パワー電力レベルをチェックするために、カード ビュー > プロビジョニング> 光 Chn 行って下さい。

光パワー電力レベルが CHAN-TX 1.のための -20dBm であるシナリオを考慮して下さい。 セット・ポイントを(ANS パラメータ)チェックし、それは CHAN-TX 1 のための -12dBm であることが分れば、チャネル 光パワーとして -12dBm を必要とすることを意味します。 ただし、実際で -20dBm があります。

従ってこのシナリオで、高められたファイバ損失のために光 レベルにドロップするがあったかどうか確認するために COM-RX ポートの 15分履歴パフォーマンスをチェックして下さい。 これを解決するために、ファイバ損失を調整して下さい。 セット・ポイントをまた変更できますがそれはによってできる最後の事柄常にであるはずです。

更に詳しい情報については、連絡先 TAC。 詳細についてはテクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Ciscoワールドワイドコンタクツ ページを参照して下さい。

Express 送信する(EXP-TX)ポートの APC-OUT-OF-RANGE

AD カードのブロック ダイヤグラムでは、EXP TX に VOA があることがわかります。 ANS パラメータ調べる場合、COM-RX および COM-TX ポートのための一定ポイントがあります。 それがのようなぜであるか理解することは重要です。

ダイアグラムから、EXP-TX および CHAN-RX ポートの VOAs がある、同じはカードの他のすべての型に適用しますことを理解でき。 ANS パラメータでは、COM-RX および COM-TX のセット・ポイントがあります。

セット・ポイントは VOA かゲインを設定 したとき実現します。 この場合、それは VOA です。 従ってカード A の EXP-TX ポートの VOA およびカード B.の CHAN RX ポートの VOA を調整する場合ダイアグラムに示すようにカード B の COM TX のセット・ポイントを達成することができます

COM RX のセット・ポイントは接続された増幅器のゲインによって実現します。 接続される増幅器がない場合それは隣接ノードの増幅器です。

従って EXP-TX ポートに APC-OUT-OF-RANGE アラームがあれば、そしてそれは次のカードのセット・ポイント COM-TX を実現させるために EXP-TX の VOA がそれ自身を調整できないことを意味します。 それは COM-RX ポートに光パワー電力レベルの増加/低下が理由でまたはダイアグラムで示されているカード B の CHAN-RX にので適切な光パワー電力レベルそうなったものである場合もあります。

従って、COM-TX のセット・ポイントをまずチェックする必要があります(Node View > プロビジョニング > WDM-ANS > プロビジョニングに行き、スロットを選択して下さい)。 それから COM-TX の現在の光パワー電力レベルをチェックして下さい(カード ビュー > プロビジョニングに行って下さい)。  

SMR カードの APC-OUT-OF-RANGE

EXP-TX のこのアラームおよび 40-SMR2-C の LINE-TX のためのトラブルシューティング プロセスは増幅器のトラブルシューティング プロセス同じです。 40-SMR1-C の EXP-TX のこのアラームのためのトラブルシューティング プロセスは増幅器のトラブルシューティング プロセス同じです

40-SMR1-C カードの LINE-TX の APC-OUT-OF-RANGE

40-SMR1-C カードの行 TX からのこのアラームをクリアするために、それは最初ににとって重要理解しますカードの構造をです。 ブロック ダイヤグラムはここにあります:

このダイアグラムに示すように、EXP-RX と LINE-TX ポート間にアンプユニットがありません。 行 TX ポートは EXP-RX ポートで受け取った光パワーを送信します。

WXC ブロックはある特定のレベルに各波長の光パワーを同等にし、調整するためそこにです。 各波長によって必要な光パワーが前に設計され、ノードでアップロードされます。 これらの設計 パラメータは ANS パラメータと呼ばれます。

SMR1C カードの行 TX に APC-OUT-OF-RANGE アラームがある場合、CTC から見られる場合がある行 TX のためのセット・ポイント POWER への最初外観、: 行き、警告された SMR カードを選択し、行 TX > POWER は Node View > プロビジョニング > WDM-ANS > プロビジョニングに探します。

それが -15dBm であるシナリオを考慮して下さい。 光パワーの -15dBm が各波長またはチャネルのための行 TX から送信されるべきであることを意味します。 これの後で、CTC のアラームをチェックして下さい。 このアラームが特定の波長に対してある場合、その波長の行 TX の光パワーを探して下さい。

更に詳しい情報については、TAC.Log に詳細についてはテクニカル サポート Webサイトに連絡するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Ciscoワールドワイドコンタクツ ページを参照して下さい。



Document ID: 117630