会議 : Cisco TelePresence Server

MSE ポートおよび画面ライセンス インストールおよびアロケーション手順

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にポートをインストールし Cisco Mobility Services Engine (MSE)シャーシでライセンスを選別する方法をおよびブレードにそれらを割り当てる方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco TelePresence IPゲートウェイ(IPGW) 3500/MSE IPGW ブレード
  • (VCR) 2200/MSE VCR ブレードを記録する Cisco TelePresence IP テレビ会議
  • Cisco TelePresence ISDN ゲートウェイ(ISDN GW) 3200 および 3241/MSE 8310 および 8321 ISDN ブレード
  • Cisco TelePresence マルチポイント制御装置(MCU) 4200/MSE 8420
  • Cisco TelePresence MCU 4500
  • Cisco TelePresence MSE 8050 スーパバイザ
  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence シリアル GW MSE 8330

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco TelePresence IPGW 3500/MSE IPGW ブレード
  • Cisco TelePresence IP VCR 2200/MSE VCR ブレード
  • Cisco TelePresence ISDN GW 3200 および 3241/MSE 8310 および 8321 ISDN ブレード
  • Cisco TelePresence MCU 4200/MSE 8420
  • Cisco TelePresence MCU 4500
  • Cisco TelePresence MSE 8050 スーパバイザ
  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence シリアル GW MSE 8330

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

新しいハードウェアのための要件なしで認可されるポートの数を増加できるようにポートおよび画面ライセンスは Cisco によって提供されます(特定のブレード型で利用可能 な 最大まで)。 またいくつかのポートを認可し、冗長性を提供するために同じタイプのいくつかの MSE 8000 シリーズ ブレード上のライセンスを共有できます。 最終的には、ポートを変更するか、またはライセンス設定を選別する必要なしで同じ型のスペアが付いているブレードを、要求に応じて、交換できます。

固有のポートおよび画面ライセンスは特定のブレード型に適用します; 従って、ブレードの各型のための異なるライセンスキーを必要とします:

  • メディア ポート ライセンスキー-メディアおよび Media2 ブレードのための…。
  • Primary Rate Interface (PRI) ポート ライセンスキー- ISDN GW ブレードのための…。
  • ポート ライセンスキー- IP GW ブレードのための…。
  • 記録ポート ライセンスキー- VCR ブレードのための…。
  • 画面ライセンス キー- MSE 8710 シリーズ TelePresence サーバ ブレードのための…。
  • シリアルポート ライセンスキー-シリアル GW ブレードのための…。

: いくつかのブレードは複数のポートかポートをアクティブにするために画面 ライセンスを使用するかもしれません。

: ポートおよび画面ライセンスはシャーシで保存され、シャーシ シリアル番号によって関連付けられます。 シャーシのポートおよび画面ライセンスを発注した場合、あなたのためのシャーシでプレインストールされます。 ブレード型が同じである時でさえシャーシの間でポート ライセンスを転送できません。 しかし新しい ライセンス キーをいつでも追加できます; スーパバイザ Webインターフェイスから、ポート ライセンスへのナビゲートはキーを『Add』 をクリック し。 詳細についてはオンライン ヘルプを表示して下さい。

ヒント: 詳細については、スーパバイザ ブレード Webインターフェイスで利用可能 な ポート ライセンス サマリ オンライン ヘルプ トピックの表示するを参照して下さい。

ポートをインストールし、ライセンスを選別し、MSE ブレードに割り当てて下さい

ライセンスがシャーシでプレインストールされる時でさえ、ブレードに割り当てる必要があります。 これはスーパバイザ ブレードで完了します。

: 手元のライセンスキーを持っていなければスーパバイザバージョン 1.2(1.5) またはそれ以降をインストールしないで下さい。

ブレードにライセンスを割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ポート ライセンスへのナビゲート。

  2. 割り当てたいと思うポート ライセンスの種類へのリンクをクリックして下さい。 アロケーション ページすべてにポート ライセンス タイプに関係なく同じレイアウトが、あります。 各スロットのブレードの種類が、現在のライセンス ステータス、ブレードのポート 容量表示され、それを選択した型のポートの数はそれに現在割り当てられます。

  3. アロケーションをそれに応じて変更し、アロケーションを『Update』 をクリック して下さい。

ヒント: 詳細については、ブレード オンライン ヘルプ トピックに割り当てるポート ライセンスを参照して下さい。

バージョン 1.2(1.5) より早いバージョンからスーパバイザ ブレードをアップグレードしたら、正しいライセンスがあることを最初に確認して下さい。 正しいライセンスがあるかどうか確かめるために、Ciscoカスタマー サポート チームとのケースを https://support.tandberg.com でオープンし、MSE 8000 シリーズ シャーシのシリアル番号を含んで下さい。 2 つの場所のこの情報を見つけることができます:

  • ハードウェア > シャーシ ページへのナビゲート。

  • ステータス > 全般 > システム状態 ページへのナビゲート。

また、MSE 8000 シリーズ システムにインストールしたブレードのリストを E-メールを送る必要があります。 Ciscoカスタマー サポート チームはそれから最新のスーパバイザ ブレード リリース コードをダウンロードするために使用される正しいライセンスおよびリンク 送信 します。

スーパバイザバージョンをアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CompactFlash カードに設定をバックアップして下さい。

  2. スーパバイザバージョンへのアップグレード。

  3. スーパバイザ ブレードに管理者としてログイン し、自動的に表示する新しいアクティベーション ページ ウィザードで記述されているステップを完了して下さい:

    1. ロード バックアップ コンフィギュレーションセクションで、バックアップを『No』 をクリック して下さい。

    2. ある、それからポートを割り当てるために認可しますブレードにクリックすればブレードの各型のためのポート ライセンスキーを入力するために Inspect ポート ライセンス アロケーションを

    3. 『Activate』 をクリック して下さい。

まずないイベントでは各ブレードのためのポート ライセンス アロケーションがブレード コンフィギュレーション ファイルで保存されるのでスーパバイザ ブレードが後日壊れること、他のブレードは影響を受けていません。 スーパバイザ ブレードを交換する必要がある場合新しいアクティベーション ページ ウィザードに連れて行かれます。

スーパバイザ ブレード スワップについてのいくつかの補足はここにあります:

  • 古いスーパバイザ ブレードから新しいものに CompactFlash カードを転送する場合、アクティベーション ページによってスーパバイザ ブレードの設定、また全ポート ライセンス アロケーション情報をだけでなく、転送できます。

  • また、手動で ブレードのためのコンフィギュレーションのステップを完了し、再度ブレードすべてが予想通り動作し続けることができるようにするためにポート ライセンスを割り当てることができます。


Document ID: 118342