ワイヤレス : BNG 向け Cisco Quantum ポリシー スイート

QPS システム 故障の場合に必要なログおよび情報

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はクォンタム ポリシー スイート(QPS)システム 故障かクラッシュが発生するとき情報をキャプチャ するために完了する必要があるステップを記述したものです。 ハードウェア、ソフトウェアおよび仮想マシン必要条件が満たされれば、QPS がクラッシュすることはまずないです。

Aravindhan Balasubramian、トニー Pina、および Vinodkumar Tiwari によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • QPS リリース 5.5 およびそれ以降。

: ある特定のログは QPS リリース 5.5 より古い QPS リリースに現われません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

情報の収集

QPS システム 故障が起こる場合、この情報を収集して下さい:

診断およびデバッグ ログ

  1. ポリシーへのログインおよび充満ルール機能(PCRF)クライアント仮想マシンは(たとえばpcrfclient01)および診断情報を収集します(たとえば、/opt/broadhop/installer/diag/diagnostics.sh)。
  2. PCRF クライアント仮想マシンへのログインはデバッグ情報を収集し。 デバッグ情報は強化された QNS ログ、svn レポおよび QNS コンフィギュレーションの詳細が含まれています。 強化されたログがシステム 故障の時をカバーすること、そしてデバッグ レベルが logback.xml ファイルで設定 されることを確かめて下さい。 
  3. QPS からこの出力を集めて下さい(たとえば、/opt/broadhop/installer/diag/zip_debug_info.sh を実行すれば出力は /var/tmp/debug_info <date>.zip で保存されます)。
  4. システム 故障が発生した QPS 仮想マシン例へのログイン。 (たとえば、pcrfclient0x、lb0x、qns0x、portal0x)。 QNS ログを集め、QNS ログがシステム 故障の時が含まれていることを確かめて下さい。 (たとえば、cat /etc/broadhop/license/QUANTUM201311210402429360.lic)。

QPS ライセンス 情報

  1. PCRF クライアント仮想マシンへのログインは QPS ライセンス 情報を収集し。 QPS は通常特定の機能のために認可され、サポートする並行 セッションの最大数があります。 QPS はまたこの機能のための有効期限を過します。
  2. このディレクトリへのナビゲート: /etc/broadhop/license はライセンス(.lic)ファイルの出力をキャプチャし。 (たとえば、cat /etc/broadhop/license/QUANTUM201311210402429360.lic)。

システム 統計

  1. システム 統計(例をキャプチャ して下さい: CPU、メモリ、ディスク 利用)。
  2. PCRF クライアント仮想マシンへのログインは出力を集め。 例: /opt/broadhop/control/top_qps.sh
  3. 対応する仮想マシンへのログインは(たとえば、pcrfclient0x、lb0x、qns0x)およびこれらのシステム 統計をキャプチャ します:

    cat /proc/meminfo > 割り当てられたメモリ情報
    - s 60 を > ひとつひとつの分のメモリ統計情報解放して下さい
    vmstat 1 > ひとつひとつの分の CPU ステータス
    補助 ps - | CPU稼働率のほとんどを消費する -10 の > 上 10 プロセスの詳細先頭に立って下さい
    swapon - s > デバイスごとのスワップ使用状況の集計
    .。 DU - a | 並べ替え- n - r | ヘッダー- n 10 > 多くを消費する上 10 ファイル/ディレクトリ領域

  4. sessionmgr 仮想マシンにログインし、問題はデータベースと関連しているかどうか解決するために助ける mongotop 集めて下さい、および出力 mongostat を

Policy Builder のスレッド 設定

Policy Builder へのログインおよび参照データ > System-1 へのナビゲート > 差込式コンフィギュレーション > スレッディング 設定。 

スレッドの数は 40 から TPS のための 50 まで及ぶかもしれませんが 1,000 より小さいです。 設定できるスレッドの最大数は 50 です。 スレッドの数を高める場合、これはシステムパフォーマンスに影響を与えます。 

重大エラー ログ

システム 故障が発生するとき、その時に重大エラーによってが生じたプロセスの状態が含まれている QPS は重大エラー ログを生成します。 重大エラーによりか致命的な例外 エラーはプログラムは打ち切ります。

重大エラー ログはこの情報が含まれています:

  • オペレーティング例外はまたは重大エラー誘発されてことに信号を送ります
  • バージョンおよび構成情報
  • 重大エラーおよびスレッドのスタック トレースを誘発したスレッドの詳細
  • 実行中のスレッドおよび状態のリスト
  • ヒープについてのサマリー情報
  • ロードされるネイティブ ライブラリのリスト
  • コマンドライン引数
  • 環境変数
  • Operating System (OS)および中央処理装置 (CPU)についての詳細

既定のログ ファイル名はこの形式に準拠します: hs_err_pid<pid>.log は対応した Java プロセスが開始したワーキング ディレクトリで生成され。 例: ユーザが QNS プロセスを開始した場合のユーザのワーキング ディレクトリ。

ワーキング ディレクトリを知らない場合、システムを名前 hs_err_pid*.log のファイルを捜し、エラーが発生したときに一致する時のためのファイルを検査して下さい。

重大エラーのための位置を規定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. pcrfclient01 仮想マシンへのログイン
  2. jvm.conf を開いて下さい(たとえば、VI /etc/broadhop/pcrf/jvm.conf)。
  3. オプションを追加して下さい: - XX: リストへの ErrorFile=<directory>/<file-name>%p.log はユーザ QNS はそのディレクトリ上の完全な権限があることをこと存在 する 指定されたディレクトリ パス、そして確かめ。  例:  - X: ErrorFile=/home/qns/fatal_error%p.log
  4. syncconfig.sh コマンドは pcrfclient01:/etc/broadhop の CONF ファイルが QNS サービスを実行する VM の /etc/broadhop の CONF ファイルとの同期化にない場合多くの問題を引き起こす場合があります。 syncconfig.sh は pcrfclient01:/etc/broadhop CONF ファイルを奪取 し、/etc/broadhop に QNS を実行する VM で CONF ファイルを書きます。 

    警告: コマンド synconfig.sh は pcrfclient01:/etc/broadhop CONF ファイルを奪取 し、上書きします QNS サービス(ifor 例、iomgr01、iomgr02、qns01、qns02、等)を実行する仮想マシンの /etc/broadhop のすべての CONF ファイルを

  5. QNS アプリケーションを再起動し、コマンド restartall.sh を入力して下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117999