ストレージ ネットワーキング : Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ

MDS 9000 シャーシ バックアップ、リストアおよび置換 設定例

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 19 日) | フィードバック

概要

この資料にバックアップと復元にどのようにマルチレイヤ データ スイッチ(MD)および現在の MDS 9000 シリーズ スイッチから新しいものに取り替えか、または移行する方法を Cisco 9000 シリーズ記述されています。 方法に関する手順はまた古いスイッチから新しいスイッチに設定を適用する含まれています。

注意: このプロシージャの部分は分裂的で、Maintenance ウィンドウの間にしか完了する必要がありません。

Manjit Singh Minhas によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

バックアップ、復元および移行のための MDS 9000 シリーズ スイッチを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 実行コンフィギュレーションを保存するために現在のスイッチのコピー running-config コマンドを入力して下さい:

    switch1# copy running-config startup-config
    [########################################]100%
  2. スイッチ(FTP、TFTP、SFTP および SCP)の利用可能 な メソッドの何れかのファイルサーバにスタートアップ コンフィギュレーションをコピーして下さい:

    switch1# copy startup-config scp://user@host1/switch1.config

    user@switch1's password:
    sysmgr_system.cfg 100% |*****************************| 10938 00:00
  3. ライセンス 機能についての情報を得るために提示ライセンス 使用方法 コマンドを入力して下さい:

    Switch1# show license usage
    Feature                      Ins  Lic   Status Expiry Comments
                                     Count          Date
    -------------------------------------------------------------------
    IOA_184                       No    0   Unused             -
    XRC_ACCL                      No    -   Unused             -
    IOA_9222i                     No    0   Unused             -
    IOA_SSN16                     No    0   Unused             -
    DMM_184_PKG                   No    0   Unused             -
    DMM_9222i_PKG                 No    0   Unused             -
    FM_SERVER_PKG                 Yes   -   Unused  never      -
    MAINFRAME_PKG                 Yes   -   Unused  never      -
    ENTERPRISE_PKG                Yes   -   Unused  never      -
    DMM_FOR_SSM_PKG               No    0   Unused             -
    SAN_EXTN_OVER_IP              Yes   1   Unused  never      -
    SME_FOR_9222I_PKG             No    -   Unused             -
    SME_FOR_SSN16_PKG             No    0   Unused             -
    PORT_ACTIVATION_PKG           No    0   Unused             -
    SME_FOR_IPS_184_PKG           No    0   Unused             -
    STORAGE_SERVICES_184          No    0   Unused             -
    SAN_EXTN_OVER_IP_18_4         Yes   2   Unused  never      -
    SAN_EXTN_OVER_IP_IPS2         Yes   2   Unused  never      -
    SAN_EXTN_OVER_IP_IPS4         No    0   Unused             -
    SAN_EXTN_OVER_IP_SSN16        No    0   Unused             -
    STORAGE_SERVICES_9222i        No    0   Unused             -
    STORAGE_SERVICES_SSN16        No    0   Unused             -
    10G_PORT_ACTIVATION_PKG       No    0   Unused             -
    STORAGE_SERVICES_ENABLER_PKG  No    0   Unused             -
  4. ライセンスのためのホストID が含まれている現在のスイッチのライセンス 使用方法をチェックして下さい、:

    Switch1# show license host-id
    License hostid: VDH=FOX10511F5N

    : すべては新しいスイッチ ホストID に現在のスイッチ ホストID との準を移行されるように認可するように要求するときチームを認可しているそれを Cisco に提供する必要があるのでこのホスト ID のメモを作って下さい。 認可チームは licensing@cisco.com に新しいライセンス ファイルを得るために連絡することができます。 電子メールを licensing@cisco.com に送信 し、この形式の E メールの本文に Cisco.com ID を含めて下さい: Cisco.com ID: ######

  5. ファブリック ログイン(FLOGI)データベースによってポート割当てをキャプチャ して下さい。 この情報はケーブルすべてが適切な位置(デバイスにインターフェイス接続)に置かれることを確認するために使用されます:

    switch1# show flogi database
    --------------------------------------------------------------------
    INTERFACE VSAN FCID PORT NAME NODE NAME
    --------------------------------------------------------------------
    fc1/8 600 0x7c0007 50:05:07:63:00:ce:a2:27 50:05:07:63:00:c0:a2:27
    fc1/13 1001 0xef0001 50:06:0e:80:03:4e:95:13 50:06:0e:80:03:4e:95:13
    fc1/15 600 0x7c0004 50:06:0b:00:00:13:37:ae 50:06:0b:00:00:13:37:af
  6. 現在のスイッチ設定がことをインターフェース ベース ゾーニング示したら(fc X/Y)は実行された、新しいスイッチの WWN とゾーン member コマンドの現在のスイッチの世界的な名前(WWN)を取り替えて下さい。 さもなければ、このステップをスキップできます。

    スイッチ WWN を表示するために提示 wwn switch コマンドを入力して下さい:

    switch1 # show wwn switch
    Switch WWN is 20:00:00:0d:ec:02:1d:40

    ゾーニングのスイッチ WWN の例はここにあります:

    zone name Z_1 vsan 9
    member interface fc1/9 swwn 20:00:00:0d:ec:02:1d:40
    member interface fc1/8 swwn 20:00:00:0d:ec:02:1d:40

    : 新しいスイッチにこの設定を適用する前に現在のスイッチ WWN は新しいスイッチ WWN と取り替える必要があります。 インターフェース ベース ゾーニングが使用されない場合、このステップをスキップして下さい。

  7. 内側 VSAN ルーティング(IVR)がスイッチで設定される場合、IVR トポロジーはスイッチ WWN に基づいているので修正する必要があります; 従って、新しいスイッチ WWN と現在のスイッチ WWN を取り替えて下さい。

    Switch1# ivr vsan-topology database
    autonomous-fabric-id 1 switch-wwn 20:00:00:0d:ec:02:1d:40 vsan-ranges 500,3002
    autonomous-fabric-id 1 switch-wwn 20:00:00:0c:85:e9:d2:c0 vsan-ranges 500,3000

    スイッチを IVR 仮想 な ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)トポロジーから取除くために、IVR マスタスイッチから IVR vsan トポロジー database コマンドを入力して下さい:

    Switch(config)# ivr vsan-topology database
    switch(config-ivr-topology-db)# no autonomous-fabric-id 1 switch-wwn
     20:00:00:0d:ec:02:1d:40 vsan-ranges 500,3002

    switch(config-ivr-topology-db)# end
    switch(config)# ivr vsan-topology activate
    switch(config)# ivr commit
    switch(config)# exit
    switch# copy running-config startup-config

    switch# show ivr vsan-topology database
    autonomous-fabric-id 1 switch-wwn 20:00:00:0c:85:e9:d2:c0 vsan-ranges 500,3000

    現在のスイッチ WWN が IVR vsan トポロジー database コマンドの出力に現われないことを確認して下さい。

    : ファブリックに複数の IVR 有効に された スイッチがある場合、現在のスイッチ WWN はファブリックの IVR トポロジーすべてから取除かれ、新しいスイッチ WWN と取り替える必要があります。 新しいスイッチがオンラインを持って来られる前にこのステップを完了して下さい。 CLI または Fabric Manager が付いている他のスイッチ用のこれらの修正を完了できます。

  8. 現在のスイッチをシャットダウンして下さいおよび/またはネットワークからのマネージメントケーブルをプラグを抜いて下さい。

  9. 新しいスイッチを起動し、スイッチ プロンプトに達するために基本的な初期設定を行って下さい。 新しいスイッチに mgmt 0 IP アドレスを割り当てて下さい。

  10. 新しいスイッチに新規に受信 した ライセンス ファイルを加えて下さい。 ライセンス ファイルにリストされているものとスイッチ ホストID (VDH=FOX071355X)を比較して下さい:

    Switch2# show license host-id
    License hostid:
    VDH=FOX071355X

    TFTP によってチームをからスイッチのブートフラッシュに新規に受信 した ライセンス ファイルを認可する Cisco コピーして下さい:

    switch2# copy tftp://x.x.x.x/newlicensefile.lic  bootflash:

    ライセンス ファイルをインストールして下さい:

    switch2# install license bootflash: <licensefilename.lic>
    Installing license ..done
  11. オリジナル スイッチから新しいスイッチに物理的 なケーブルおよびデバイスを移動するか、またはプラグを差し込んで下さい。

  12. インターフェース ベース ゾーニングなら(fc X/Y)はスイッチで実行された、新しいスイッチの WWN を得ます; さもなければ、このステップをスキップできます。

    新しいスイッチ WWN を得るために提示 wwn switch コマンドを入力して下さい:

    switch2# show wwn switch
    Switch WWN is 20:00:00:0d:ec:02:50:40
    $cp switch1.config switch1.config.orig
  13. 新しいスイッチのためにそれを修正し、オリジナル バックアップされたファイルを保存することができるようにオリジナル スイッチ設定の別のコピーを撮って下さい。 これらの変更を行なうためにテキストエディタのコピーされた switch1.confg 実行コンフィギュレーション ファイルを、Notepad のような、修正して下さい:

    1. インターフェース ベース ゾーニングが(このステップを実行されたスキップして下さい)実行された インターフェース ベースならゾーニング、Notepad の古いスイッチ設定のコピーを開いて下さい。 見つけるし、新しいスイッチ WWN (20:00:00:0d:ec:02:50.40)とオリジナル スイッチ WWN (20:00:00:0d:ec:02:1d:40)をところ適当ように取り替えて下さい。

    2. デバイスのための fcdomain fcid データベースの下でダイナミック Fibre Channel ID (FCID)アロケーション部分のためのオリジナル設定の行を削除できます。 また、新しいスイッチにオリジナル スイッチ 実行コンフィギュレーションを適用する間、画面で現われる FCID 関連のエラーメッセージを無視できます。

      fcdomain fcid database
        vsan 1 wwn 50:06:01:6d:3e:e0:16:18 fcid 0xb20000 dynamic
        vsan 1 wwn 50:06:01:65:3e:e0:16:18 fcid 0xb20100 dynamic
        vsan 1 wwn 10:00:8c:7c:ff:30:10:db fcid 0xb20200 dynamic
        vsan 1 wwn 10:00:8c:7c:ff:30:11:b9 fcid 0xb20300 dynamic

      ダイナミック FCIDs の削除なしで新しいスイッチにオリジナル実行コンフィギュレーションを適用するとき、新しいスイッチはこれらと同じようなエラーを発生します:

      Error: Invalid FCIDs.
      switc2(config-fcid-db)# vsan 1 wwn 50:06:01:65:3e:e0:16:18 fcid 0xb20100 dynamic
      Error: Invalid FCIDs.

      これらのメッセージは新しいスイッチにそれを適用する前にオリジナル設定からダイナミック FCIDs を取除きたいと思わない場合期待され、無視することができます。 それらは新しいスイッチが自動的にオリジナル スイッチにデバイス 設定からそれに接続されるデバイスに FCIDs を割り当てるので現われます。

    3. 暗号化されたパスワードがシャーシの MAC アドレスに接続されるので簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) ユーザアカウントが含まれている行を削除して下さい。 ユーザアカウントは一緒にグループ化され、コンフィギュレーション ファイルの snmp-server ユーザから始まります。 次に例を示します。

      snmp-server user admin network-admin auth md5
       0x46694cac2585d39d3bc00c8a4c7d48a6

      localizedkey
      snmp-server user san admin network-admin auth md5
       0xcae40d254218747bc57ee1df348

      snmp-server ユーザ <user-id> から始まる行を削除して下さい。

    4. オリジナル設定のインターフェイス mgmt0 IP アドレスをチェックして下さい。 新しいスイッチに同じ IP アドレスを割り当てたいと思う場合設定を修正する必要はありません。 ただし別の IP アドレスの新しいスイッチを起動し、マネージメントポートのための新しい IP アドレスを保存したいと思ったら新しいスイッチにそれを適用する前に設定のこの行を修正するようにして下さい:

      interface mgmt0
      ip address 10.x.x.x 255.255.255.0
  14. 修正すべてが新しいコンフィギュレーション ファイルに(新しいスイッチ 要件ごとに)行われたら、ファイルを新しいスイッチのブートフラッシュにコピーし、それを適用して下さい。

    Switch2# copy bootflash:<modifiedconfigswitch2_filename>
     running-config
  15. SNMP ユーザアカウントを作り直して下さい:

    switch2(config)# snmp-server user admin network-admin
     auth md5 <actual_password>
  16. 新しいスイッチの IVR を有効に するように意図する場合 IVR トポロジーに新しいスイッチを追加して下さい。 さもなければ、このステップをスキップできます。

    : IVR トポロジーに新しいスイッチを追加する前に、Inter-Switch Link Protocol (ISL)ポートすべてがファブリックの隣接 スイッチにオンラインおよび接続されてことを確認して下さい。


    switch2#show wwn switchSwitch WWN is 20:00:00:0d:ec:02:50:40
    switch# config t
    switch(config)# ivr vsan-topology database
    switch(config-ivr-topology-db)# autonomous-fabric-id 1 switch-wwn
     20:00:00:0d:ec:02:50:40 vsan-ranges 1,4

    switch(config-ivr-topology-db)# exit
    switch(config)# ivr vsan-topology activate
    switch(config)# ivr commit
    switch(config)# exit
    switch# copy running-config startup-config
  17. ポートに接続される使用可能にして下さいまたはファブリックにデバイス ログインに動力を与えて下さいデバイスすべてを。 デバイスがログオンされることを確認するために show flogi database コマンドを入力して下さい:

    switch2# show flogi database
    --------------------------------------------------------------------
    INTERFACE VSAN FCID PORT NAME NODE NAME
    --------------------------------------------------------------------
    fc1/8 600 0x7c0007 50:05:07:63:00:ce:a2:27 50:05:07:63:00:c0:a2:27
    fc1/13 1001 0xef0001 50:06:0e:80:03:4e:95:13 50:06:0e:80:03:4e:95:13
    fc1/15 600 0x7c0004 50:06:0b:00:00:13:37:ae 50:06:0b:00:00:13:37:af
  18. デバイスすべてが zoneset にアクティブにログオンされることを確認するために show zoneset アクティブな vsan x コマンドを入力して下さい:

    Switch2# show zoneset active vsan x

    zoneset name ZoneSet12 vsan 12
      zone name ESX1_VMHBA3_CX310SPA_1 vsan 12
      * fcid 0xb20700 [pwwn 50:06:01:69:41:e0:d4:43]
      * fcid 0xb20800 [pwwn 21:01:00:1b:32:bd:64:e7]

      zone name ESX1_VMHBA3_CX310SPB_1 vsan 12
      * fcid 0xb20900 [pwwn 50:06:01:60:41:e0:d4:43]
      * fcid 0xb20800 [pwwn 21:01:00:1b:32:bd:64:e7]

確認

この設定における確認 手順は設定セクションに説明があります。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117621