音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Widgets

Jabber は CTI タイムアウトによるデスクトップ電話に接続しません

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は接続応答コントロールを Cisco Jabber のデスクトップ電話試みるとき直面する問題を記述したものです。 Cisco Jabber にコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI)によってデスクトップ電話を制御する機能があります。 このプロセスが使用されるとき、Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) 認証は正常に完了する必要があります。 LDAP認証がタイムリーに完了しない場合、デスクトップ電話を制御する試みにおいての問題を引き起こすかもしれません。 この問題への回避策は提供されます。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

デスクトップ電話 Jabber 接続応答コントロールを使用するように試みます。 これは以前はたらきましたが、時々、適切に機能しません接続して下さい。 これが発生するとき、レッド X は表示する、このエラーは現われるかもしれません: 

Connection error. Ensure the server information in the Phone
Services tab on the Options window is correct. Contact your
system administrator for assistance.

トラブルシューティング

問題のこの型を解決するとき、問題の間で CallManager からの CTI トレースを収集することは役立ちます。

最初に、トレースを有効に して下さい:

  1. 通信マネージャ Web ページへのナビゲート > Cisco Unified サービサビリティ > Trace > Configuration

  2. 選定された CM サービスはサービス グループ ドロップダウン リストから > 行きます

  3. CTIManager を > 行きますサービス ドロップダウン リストから『Cisco』 を選択 して下さい。

  4. トレースが有効に なること、そしてデビュー トレース レベルが詳しいに設定 されるようにして下さい。

次に、問題を再生し、トレースを収集するために実時間監視 ツール(RTMT)を使用して下さい:

  1. RTMT およびログインを開いて下さい。

  2. トレースするべきナビゲート及びログ本部は > ファイルを集めます

  3. Cisco CTIManager チェックボックスをチェックし、『Next』 をクリック して下さい。

  4. テストの十分な時間を認める時間枠値を選択して下さい。

  5. 容易にファイルを見つけることができるようにダウンロード サイトを選択して下さい。

  6. トレース ダウンロードを開始するために『Finish』 をクリック して下さい。

トレースに現われるかもしれないデータの例はここにあります:

PC address: 192.168.20.24F

LDAP address: 192.168.10.4

LDAP port used: 389

User: Mickey Mouse

Alias: mmouse

***Initial CTI Open Provider

00434409.002 |14:15:26.964|AppInfo|[CTI-APP][CTIHandler::processIncomingMessage]
 CTI   ProviderOpenRequest    ( seq#=1  provider=UCProvider login=mmouse
 heartbeat=60 timer=10 priority=0 lightWeightProviderOpen=0 AuthType=0
 RequestOldFetch=0)

***Connecting to LDAP with a LDAP bind

00434417.036 |14:15:27.181 |AppInfo |Authenticating with SSL not enabled
 (ldap://192.168.10.4:389)

00434417.044 |14:15:27.187 |AppInfo  |LDAP authentication bind SUCCESS for
 dcadmin@cisco.com


00434417.045 |14:15:27.187 |AppInfo  |Connection # (0): sucessful

00434417.046 |14:15:27.187 |AppInfo  |Details ::

***Search for user

00434417.065 |14:15:27.191 |AppInfo  |Retrieve the specified user entry:
&bnsp;(&(&(objectclass=user)(&(telephoneNumber=*)))(sAMAccountName=mmouse))

00434417.066 |14:15:27.191 |AppInfo|LDAP Search for Userbase: 'dc=cisco, dc=com'

***CTI close Provider after 10 seconds

00434459.001 |14:15:36.959 |AppInfo|CTIManager::CtiManager::ready_SdlCloseInd():
 Connection closed indication
. Shutting down provider. -- Connection Id=18
 TcpHandle=[1:200:13:778]PeerIPAddr=192.168.20.24 PeerPort=50418 Username=mmouse
 CtiHandler=[1:200:22:742]

***** LDAP search completes at 14:21:45 however by this time CTI has already
 closed so this info Is returned to late.

00434417.082 |14:21:45.217 |AppInfo  |LDAP Search complete. Code: 0

00434417.083 |14:21:45.217 |AppInfo  |Get DN of entry.

00434417.084 |14:21:45.217 |AppInfo  |Got DN: CN=Mickey Mouse,OU=Users,
 OU=Information Technology,OU=Kingdom,DC=cisco,DC=com

00434417.095 |14:21:45.240|AppInfo|LDAP authentication bind SUCCESSfor CN=Mickey
 Mouse,OU=Users,OU=Information Technology,OU=Kingdom,DC=cisco,DC=com

00434417.096 |14:21:45.240 |AppInfo  |Connection # (0): sucessful

解決策

情報を使用して下さいこの問題を解決するためにこのセクションに説明がある。

LDAP ポートを変更して下さい

CallManager 内の LDAP設定を確認し、389 から 3268 に LDAP ポートを切り替えて下さい。 ポート 3268 はポート 389 より LDAP 検索の効率的で、一般に結果をもっとすぐに返します。

LDAP ポートを変更するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. システム > LDAP > LDAP ディレクトリへのナビゲート。

  2. エントリのリストを表示するために『Find』 をクリック して下さい。

  3. LDAPサーバ 情報のためのセクションを見つけ、389 から 3268 にポートを変更して下さい。

  4. [Save] をクリックします。

CTI マネージャ サービスを再開して下さい

注意: このサービスを再開するときサービス効果があります。

LDAP ポートを変更した後、CTI マネージャ サービスを再開して下さい:

  1. Cisco Unified サービサビリティ > Tools > Control Center へのナビゲート-機能 サービス

  2. CM ではサービスは Cisco CTIManager を区分しましたり、見つけます。

  3. このサービスを選択し、再始動 オプションを選択して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117820