音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service Version 10.5

IM および存在サーバ RTMT ログ 収集 設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco インスタント メッセージ(IM)および存在サーバからログを集めるためにプロセスを説明したものです。

Contributed by Md Hasan, Cisco TAC Engineer.

前提条件

要件

Cisco はブラウザによって Cisco IM および存在サーバ ナビゲーションのナレッジを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IM および存在サーバ 10.5 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

  1. 実時間監視 ツール(RTMT)が既にインストールされていたらステップ 4 に行って下さい、他では IM および存在サーバ管理 Webページを開いて下さい。
  2. 画面の上の Application メニュー ドロップダウン リストから、プラグインを選択し、RTMT ソフトウェアをダウンロードするためにリンクをクリックして下さい。

  3. RTMT ソフトウェアをインストールして下さい。
  4. RTMT を開けば:
    1. IM および存在サーバホスト IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN)を入力して下さい。
    2. ポートを入力して下さい。
    3. 信頼できる接続 チェックボックスをチェックして下さい。
    4. [OK] をクリックします。

  5. RTMT 画面から、トレースをダブルクリックして下さい及びオプションを開くために本部を記録 して下さいそしてダブルクリックはファイルを集めます

  6. 収集のためのログを選択するために、それらがあるようにチェックボックスをログオンしますすべてのサーバ カラムを確認して下さい。 より多くのログを表示する、続くために『Next』 をクリック して下さい。
  7. 最終的なページで、別の方法で指示される、相対的 な 範囲を選択し、生成されたログ ログ・ファイルを集める時期を規定 して下さい。 収集 セッションのためのログ 収集 フォルダを選択し、『Finish』 をクリック するために『Browse』 をクリック して下さい。

    : それは <date> がログ 収集日付であるところに「IMP_Log_<date>」と指名されるデスクトップのログ 収集 フォルダを作成する好ましい習慣です。

  8. ログがテクニカル アシスタンス センタ (TAC)ケースに必要となる場合、ログが集められた右クリック フォルダ、圧縮するオプションに送信を選択する後すべては単一 .zip ファイルにログイン します。 サポート ケース マネージャを通して TAC ケースに「IMP_Log_<date>.zip」と名付けられる圧縮 ファイルをアップロードして下さい。

  9. システムログ(syslog)を、RTMT から集めるために > Syslog ビューア 『Tools』 を選択 して下さい、フォルダを選択し、型をウィンドウの上で記録 し、『SAVE』 をクリック するためにクリックして下さい。

  10. syslog ファイルをローカル フォルダーに保存するために、ログ型(たとえば「メッセージ」)を右クリックし、ログファイルを保存するオプションを選択して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 117827