音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service Version 9.0

IM およびデバッグ レベル 設定例で動作するために設定 される存在サーバログ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はデバッグ レベルで動作するためにインスタント メッセージング(IM)および存在サーバログを設定するようにプロセスを説明したものです。

Cisco TAC エンジニア、Md Hasan により寄稿されました。

前提条件

要件

Cisco はブラウザによって Cisco IM および存在サーバ ナビゲーションのナレッジを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IM および存在サーバ リリース 9.x およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

  1. IP アドレスか完全修飾ドメイン名 (FQDN)を Webブラウザ アドレスバーに入力し、IM および存在サーバにアクセスして下さい。
  2. ナビゲーション バーから、統一された IM および存在 Servicability を『Cisco』 を選択 し、『Go』 をクリック して下さい。

  3. Servicability ページから、IM および存在サーバにログイン して下さい。

  4. 画面の上の Trace メニュー ドロップダウン リストから、『Configuration』 を選択 して下さい。

  5. コンフィギュレーションスクリーンから、設定し、『Go』 をクリック するために IM および存在サーバを選択して下さい; そして適切なサービス グループを選択し、『Go』 をクリック して下さい。

    : ほとんどのログ 設定は IM および存在サービス サービス グループのためです。

  6. ログをデバッグ レベルで、たとえば Cisco SIP プロキシ動作するために選択し、設定するようにサービスを『Go』 をクリック して下さい。

  7. Debug trace 水平なドロップダウン リストから、デバッグを選択し、Trace On チェックボックスをチェックして下さい。 複数の IM および存在 する存在サーバが All ノード チェックボックスに適用をチェックすれば。 設定が設定 された後、スクリーンの一番下で『SAVE』 をクリック して下さい。

    : 画面で利用可能 なトレース フィルター設定デバッグ選択はログによって決まります。 たとえばクライアント プロファイル エージェント ログはイネーブルにすべてのトレース デバッグ設定だけを提供します。

    : ログを初期設定に設定 するために、スクリーンの一番下でデフォルトを『Set』 をクリック して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117828