セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのようにネットワークを去る電子メール メッセージでフッター/免責事項を押しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

Tomki キャンプおよびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問:

どのようにユーザの特定のグループのためのネットワークを去る電子メール メッセージでフッター/免責事項を押しますか。

多くの組織は電子メール システムからの発信メッセージにフッターを置きたいと思います。 これはメッセージか警告へ免責事項を追加することのような可能な理由で一般的に、メッセージが保護されたコミュニケーションが含まれている受信者されます。 AsyncOS では、これは呼出されます「フッター押すことと」。 


フッター押すことはかなり不正確なアートで、一般に 発信 メールにだけ役立ちます。  これは多くのメッセージに複雑な構造がある、という理由により、HTML または Microsoft Word 本文のようなそれらの本文へのフッターを追加することは可能性のあるではないかもしれないしまたはそうではないかもしれません。 フッター押すことへ 2 つのステップがあります。  最初に、フッターは作成されます。  それから、フッターは 3 つの方法の 1 つのメッセージに追加されます。 

  1. 最初にフッターを作成して下さい。 ポリシーを郵送する GUI ナビゲートでは- > テキスト リソースは、そしてテキスト リソースを『Add』 をクリック します
  2. 発信コンテンツ フィルタを作成して下さい条件が(従って、メール ポリシーのすべてのメッセージに適用されます)ないし、操作を「作成したフッターが付いているフッター」を追加してもらう
  3. ポリシーのフィルタを押すフッターを有効に して下さい。

ヒント: フッター押すことがリスナーで、またはメッセージ フィルターかコンテンツ フィルタとすることができるがユーザの特定のグループのためにそれをする最も簡単な方法はと同時にコンテンツ フィルタあります。

またメッセージ フィルターを使用してメッセージにフッターを追加できます:

AddOutgoingDisclaimer:
(recv リスナー == 「OutboundMail」)
そして(mail-from == (「@exchange \ \ .example \ \ .com$」) {
  追加フッター(「免責事項」);
}

また特定のリスナーで受け取ったすべてのメッセージにフッターを追加できます。  次に、例を示します。

smtp.scu.com >listenerconfig

現在設定されたリスナー:
1. InboundMail (PublicNet で、192.35.195.42) SMTP TCPポート 25 パブリック
2. OutboundMail (Privatenet で、172.20.0.142) SMTP TCPポート 25 Private

行いたいと思うオペレーションを選択して下さい:
-新新しいリスナーを作成して下さい。
- EDIT -リスナーを修正して下さい。
-削除-リスナーを取除いて下さい。
-セットアップ-グローバル な 設定を変更して下さい。
[] > Edit

編集したいリスナーの名前か数を入力して下さい。
[] > 2

[Name]: OutboundMail
Type: プライベート
Interface: Privatenet (172.20.0.142/24) TCPポート 25
プロトコル: SMTP
Default Domain:
最大同時実行: 600 (TCP キュー: 50)
ドメイン マップ: 無効
TLS: なし
SMTP 認証: 無効
バウンス プロファイル: デフォルト
フッター: なし
LDAP: オフ

行いたいと思うオペレーションを選択して下さい:
-名義変更リスナーの名前。
-インターフェイス-インターフェイスを変更して下さい。
-制限-インジェクト制限を変更して下さい。
-セットアップ-全般オプションを設定して下さい。
- HOSTACCESS -ホスト アクセス 表を修正して下さい。
- BOUNCECONFIG -これでインジェクトされるメッセージのために使用するためにバウンス プロファイルを選択して下さい
リスナー。
-マスカレード-表をマスカレードするドメインを設定して下さい。
- DOMAINMAP -ドメイン マッピングを設定して下さい。
- LDAPACCEPT -判別するために LDAP クエリをかどうか受信者のアドレス設定して下さい
受け入れられるか、または跳ねられる/廃棄されるべきです。
[] > 設定される

完全修飾 ドメインなしで eメールアドレスのためのデフォルト ドメインを入力して下さい
名前。
設定をクリアし、a の付加をディセーブルにするためにワード「削除」を入力して下さい
デフォルト ドメイン。
[] >

好みます受け取った各メッセージに受け取ったヘッダを付加するのをシステムが
このリスナーか。 [Y] >

SenderBase 評判フィルターおよび IP プロファイルを有効に するのを好みます
サポートか。 [N] >

このリスナーのすべてのメールにフッターを接続するのを好みますか。 [N] > y

1. 免責事項
[1]>

[Name]: OutboundMail
Type: プライベート
Interface: Privatenet (172.20.0.142/24) TCPポート 25
プロトコル: SMTP
Default Domain:
最大同時実行: 600 (TCP キュー: 50)
ドメイン マップ: 無効
TLS: なし
SMTP 認証: 無効
バウンス プロファイル: デフォルト
フッター: 免責事項
LDAP: オフ


行いたいと思うオペレーションを選択して下さい:
-名義変更リスナーの名前。
-インターフェイス-インターフェイスを変更して下さい。
-制限-インジェクト制限を変更して下さい。
-セットアップ-全般オプションを設定して下さい。
- HOSTACCESS -ホスト アクセス 表を修正して下さい。
- BOUNCECONFIG -これでインジェクトされるメッセージのために使用するためにバウンス プロファイルを選択して下さい
リスナー。
-マスカレード-表をマスカレードするドメインを設定して下さい。
- DOMAINMAP -ドメイン マッピングを設定して下さい。
- LDAPACCEPT -判別するために LDAP クエリをかどうか受信者のアドレス設定して下さい
受け入れられるか、または跳ねられる/廃棄されるべきです。
[] >


現在設定されたリスナー:
1. InboundMail (PublicNet で、192.168.195.42) SMTP TCPポート 25 パブリック
2. OutboundMail (Privatenet で、172.20.0.142) SMTP TCPポート 25 Private

行いたいと思うオペレーションを選択して下さい:
-新新しいリスナーを作成して下さい。
- EDIT -リスナーを修正して下さい。
-削除-リスナーを取除いて下さい。
-セットアップ-グローバル な 設定を変更して下さい。
[] >

smtp.scu.com >commit

変更を説明するいくつかのコメントを入力して下さい:
[] OutboundMail リスナーの > Add 発信 免責事項

保存される変更: 火曜日 11 月 23 日 19:48:47 2004 年 MST

ヒント: AsyncOS の新しいバージョンでまたメッセージの上の免責事項を追加できます

を探します。



Document ID: 117907