セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように Cisco E メール セキュリティ アプライアンスで AsyncOS の最新バージョンから転送しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問:

環境: Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)、AsyncOS のすべてのバージョン

著者:Cisco TAC エンジニア。

要約:

転送を機能可能にを支持します前のバージョンにアプライアンスを「AsyncOS では戻して下さい」。

すべての前のバージョンは利用できません:

アップグレードにより復帰プロセスを複雑にするキー サブシステムの一方向変換を引き起こします。 Cisco は Cisco によって AsyncOS バージョンにシームレス復帰を確認するためにケース、Sophos、VOF および McAfee の特定のバージョンを、ターゲットバージョン ビルド修飾されなければなりません証明します。  すべての前ビルドは利用できません; 限られた、前もって決定された復帰可能性ただあります。

復帰はアップグレード限り奪取 します:

ファイル システム リソースを節約するために、インストールメディアはアプライアンスで保存されません。 復帰プロセスは、それ間ダウンロード流出を、インストール必要とします。

復帰は有害です:

作業待ち行列または配信キューのどのメッセージでも削除されます。 すべてのレポート データおよびログファイルは削除されます。 ただ、Feature 鍵 データは、他のすべてのコンフィギュレーション失われます維持されます。 すべてのデータベースおよびメッセージ トラッキング データは失われます。  すべては検疫メッセージおよびエンドユーザ safelist/blocklist データを無差別に送信します。  ネットワーク設定だけ維持されます。  IP が 192.168.42.42 のデフォルトに戻すのでボックス ポストにコンソールアクセスが戻るのをアクセスできなければなりません。  デバイスを戻すにより即時再度ブートするは起こります。  リブートの後で、アプライアンスはそれ自身の初期設定をやり直し、望ましいバージョンに再度リブートします。

アップグレードする前に可能性のある復帰の準備をして下さい:

最良 の 方法として、Cisco は次のステップを踏むことによってアップグレードの準備をすることを推奨します:

   1. ボックスを離れて XML config ファイルを保存して下さい(暴露されるパスワードで)
   2. Safelist/Blocklist 機能を使用している場合、ボックスを離れてリストをエクスポートして下さい
   3.リスナーを中断して下さい
   4.メール キューおよび配信キューを流出させて下さい
   5.別のマシンにスパム検疫 safelist/blocklist データベースをエクスポートして下さい(該当する場合)

再び有効にしますリスナー ポスト アップグレードを忘れないで下さい。

どのように:

   1. CLI へのログイン
   2.型は「戻ります」
   3. ESA は以前にインストール済み、修飾されたバージョンのメニューを表示します
   4.選択はバージョンを戻します
   5.再度ブートする
   6。 最初再度ブートする-システムは、ディスク消去、荷を解きますインストール メディアのアップします
   7. 第 2 再度ブートする(自動) -システムは選択したバージョンを使用して、初期化します新しいデータを、アプライアンス開始します来ます
   8.保存した XML config ファイルをロードして下さいアップグレードしている間
   9.必要であれば、Safelist/Blocklist ファイルをインポートして下さい



Document ID: 118337