セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように公共 DNS ベース ブロック リスト(DNSBL)を問い合わせるために Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)を設定しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

ジェリー Orona およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ブラックリストか DNS ベース ブロック リスト(DNSBL)は既知スパムの発信者によって使用される IP アドレスのリストです。 電子メールのための AsyncOS によって仕様 DNS リスト サーバにクエリを一致させることと送信側 グループを定義する、リスナーの帽子で機能があります。 クエリはリモートクライアントの接続の時に DNS によって実行された。

メッセージ フィルター ルールとして現在 存在 するリモート リストをまた問い合わせる機能

AsyncOS 上級構成ガイドの「DNS リスト ルール」を参照して下さい)、メッセージ の 内容が全額受け取られたらだけ。)

このメカニズムはメール フロー ポリシーをそれに応じて調節できるように DNS リストを問い合わせるグループ内の送信側を設定することを可能にします。 たとえば、接続を拒否しか、またはドメインの接続の動作を制限する可能性があります。

「dnslist」メカニズムは(各送信側で」Settings ページをグループ化します) DNS リストを問い合わせる送信側 グループ内の送信側を追加することを可能にします。

注:  CLI のクエリに角カッコを含めることを忘れないでいて下さい。 角カッコは GUI の DNS リスト クエリを規定 するとき必要ではないです。 クエリをテストするか、全般設定を DNL クエリのために行うか、または電流 DNS リスト キャッシュをフラッシュするのに CLI で「dnslistconfig」コマンドを使用して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118238