セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように送信 メールのための ESA のリレー ホストを設定しますか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

Nasir Shakour およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。


質問:

どのように送信 メールのための ESA のリレー ホストを設定しますか。

回答:

Cisco ESA アプライアンスはリレー リストで設定されないホストのための中継通信文。 

明記していないホストによってリレーを可能にする SMTP サーバは開いたリレーか不確かなリレーと呼ばれます。  サーバは開いたリレーで設定されるそれによってスパム メッセージを送信 する人によって使用に応じてありま、ブラックリストで現われ、拒否されるメッセージがあるためにサーバのIPアドレスは引き起こします。

リレー(送信電子メール)を設定する 2 つのメソッド:

1. 適切な送信側 グループおよびメール フロー ポリシーの追加によって既存のリスナーを使用して下さい。

  • 最初にメール Policies タブの Policies ページ メール フローからの新しいメール フロー ポリシーを作成して下さい。  それにほしい名前をつけることができます; もっとも一般的なは中継で送られます。  「接続動作」が中継で送るために」「設定 する必要があることこれの重要な設定。  他の設定を送信 メール必要のために適切に寛大にしたいと思う場合もあります。
  • メール フロー ポリシーが作成されたら、メール Policies タブの帽子外観 ページに行き、新しい送信側 グループを作成して下さい。  それに好む名前をつけることができます; もっとも一般的なは RELAYLIST です。  ポリシー ドロップダウン リストから、新しいメール フロー ポリシーを選択して下さい。  1 に順序を変更して下さい; 最初の一致優先および信頼できるホストがこの送信側 グループで常に一致することを確かめたいと思います。  それから「送信するをクリックし、送信側を追加して下さい。  このページで、送信 メールを送信するために信頼するマシンの IP アドレスを追加して下さい。
  • 送信するは、託し、送信 メール セットアップを確かめるテストは適切にはたらいています。

2. また、新しいリスナーを設定して下さい

  • Network タブのリスナー ページで開始して、「追加しますリスナー」をクリックして下さい。  それに好む名前をつけることができます; Common Name は「OutboundMail」です。  ここの重要なステップは適切なインターフェイスが選択されること「リスナーの型を Private」として「」選択し、確かめることです。  必要であれば検討し、他の設定を調節し、それから「送信する」をクリックして下さい。
  • これはリスナー ページに戻します。  ここから新しいリスナーと同じ行の「帽子」をクリックして下さい。  New ページで送信側 グループを既に作成された RELAYLIST と指名されて見つけます。  名前をクリックすれば New ページで送信 メールを送信するために信頼するマシンの IP アドレスを追加して下さい。 sendergroup は設定された操作リレーがあるのに必要はまた使用しました。
  • 送信するは、託し、送信 メール セットアップを確かめるテストは適切にはたらいています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118136