セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのようにワイルドカードとの受信者のアドレスをブロックしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

スコット Roeder およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問


どのようにワイルドカードとの受信者のアドレスをブロックしますか。

メールを受信者にブロックし、ワイルドカードとの受信者のアドレスを規定 したいと思う場合メッセージまたはコンテンツ フィルタを使用して下さい。 フィルターは送信側または受信者アドレスを一致するのに正規表現を使用することを可能にします。

ESA は大蛇正規表現を使用します。  簡単なワイルドカード構造は「あります。*」、復帰改行文字までのゼロの一致するまたはより多くの文字を。  「」。 単一 文字と、「一致し*」前の式ゼロと続けて一致しますまたはより多くの回。  helpmail3、@example.com 受信者 helpmail1 を、helpmail2 一致する、たいと思うことを仮定します。  これらを一致する フィルタ表現はあります

"^helpmail.*@example\\.com$"

^ は行および helpmail*@scu.com だけに一致を制限するが、一致しましたり myhelpmail@scu.com、か helpmail@scu.com.au を一致する $ 一致行の終わりの始まりと。   「\ \」の前にエスケープ「です。」、従ってそれ正確に奪取 されます。 メッセージ フィルターでそれからこの正規表現を使用できます:

DropHelpmail
if (rcpt-to == "^helpmail.*@example\\.com$") 
  drop();
}

「単に含んでいる」選択および条件ウィンドウに正規表現を入力することによるコンテンツ フィルタが、と同時にまたこれを作成できます:


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117888