セキュリティ : Cisco スパムおよびウイルス ブロッカ

どのように positvely 識別されるか、または疑わしいスパムを、false positive のためのマーケティング電子メール監査しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に positvely 識別されるか、または疑わしいスパムを監査する方法を false positive のためのマーケティング電子メール記述されています。

ロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

 

positvely 識別されるか、または疑わしいスパムを、false positive のためのマーケティング電子メール監査する方法

Cisco IronPort 電子メール アプライアンス(ESA)は false positive 反スパム評決のためのメッセージおよび検査するを保存することを可能にする複数のオプションを提供します。

GUI では、メール ポリシー > 着信メール ポリシーまたはメール ポリシーの反スパム設定を選択する発信 メール ポリシー positvely 識別されたスパム、容疑者スパム、またはマーケティング電子メールを代替ホストに送信 するか、または IronPort スパム検疫(ISQ)を送信 することを選択できます。

交替を使用するホスト・アドレスは管理者が positvely 識別されたスパム、容疑者スパム、またはマーケティング電子メールを検討し、false positive を報告することを可能にすることができます。

ISQ は管理者および端受信者が両方それらを削除するか、またはリリースすることを選択する前に positvely 識別されたスパム、容疑者スパム、またはマーケティング電子メールを検討することを可能にします。

false positive が検出する場合、ham@access.ironport.com にそれらを報告して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118024