セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: どのようにクラスタにある ESA をアップグレードしますか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)をアップグレードする方法をクラスタのその実行記述されています。

スティーブン Fiebrandt および Khoa Nguyen によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

クラスタの ESA 実行が、彼らすべての使用正確の同じ AsyncOS バージョンおよびビルドなる時。 ESA をアップグレードすることを望む場合最初にクラスタを切って下さい。 結局マシンの、clusterconfig コマンドによってクラスタを再接続できますアップグレードされます。 

: クラスタが切断されているとき、メール フローに影響を与えません; ただし、再接続が完了するまでクラスタが切断されている間、行なう他のシステムへのどの変更でも伝搬しません。

クラスタのアップグレード ESA

: CLI か GUI とアップグレードを行うことができますが再接続 clusterconfig コマンドは CLI によってだけ利用できます。 この資料に CLI によってマシンをアップグレードする方法を記述されています。

CLI によってクラスタで動作する ESA をアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1.  新しいバージョンに AsyncOS をアップグレードするために CLI に upgrade コマンドを入力して下さい。 クラスタを切りたいかどうか尋ねられるとき続行するために文字 Y と応答して下さい:

    (Machine host1.example.com)> upgrade

    You must disconnect all machines in the cluster in order to upgrade them. Do you wish
    to disconnect all machines in the cluster now? [Y]> Y


  2. アップグレード プロンプト(再度ブートする敏速な含まれた)すべてに従って下さい。

  3. 結局クラスタのマシンの、CLI によってログオンしましたりクラスタのマシンに入力します clusterconfig コマンドをアップグレードされ、リブートされ。

  4. 再接続するためにはい応答して下さい。 託すことは必要ではないです。

    Choose the machine to reattach to the cluster. Separate multiple machines with commas
    or specify a range with a dash.

    1. host2.example.com (group Main)
    2. host3.example.com (group Main)
    3. host4.example.com (group Main)

    [1]> 1-3

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118266