セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

シン クライアントおよび citrix サーバを WSA (Web セキュリティ アプライアンス)とともに使用する場合の認証の設定方法か。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

著者:Cisco TAC エンジニア、Jakob Dohrmann および Siddharth Rajpathak

質問:

シン クライアントおよび Citrix サーバを Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)とともに使用する場合の認証の設定方法か。

環境: シン クライアント- > Citrix - > WSA - > インターネット、Cisco Web セキュリティ アプライアンス、AsyncOS すべてのバージョン

透過モードの WSA を設定したら:

  • 正しく citrix サーバに接続される異なるユーザーを識別し、異なるポリシーにそれらをリンクことできる使用「クッキー」サロゲート

明示モードで WSA を使用すれば:

  • Citrix サーバの各ブラウザは WSA への自身の接続およびプロキシへの認証するを別々に開きます。 従って WSA は各ブラウザのためのセッションを区別できます。
  • 任意で、まだ「クッキー」サロゲートを AD サーバのロードを制限するために設定することができます

識別(GUI の「クッキー」サロゲートを設定できます --> Web Security Manager --> 識別)およびサロゲートは識別ごとに設定することができます。

オプション「明示的 な Forward 要求、さらに、明示的 な セットアップで: 明示的 な forward 要求に同じ代用設定を」チェックを外されます加えて下さい、そして WSA は代用物を使用しません- WSA を意味することはクライアント 資格情報をキャッシュするように試みません。



Document ID: 118067