セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA の追加内部 ドメインのためのメールを受け入れる方法か。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ヤコブ Dohrmann およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ESA の追加内部 ドメインのためのメールを受け入れる方法

環境: Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)、AsyncOS のすべてのバージョン

  1. ESA のドメインのためのメールを受け入れるために、受信者のアクセス 表(RATS)のそのドメインのためのエントリを作成して下さい。
    • GUI で、メール ポリシーを > 受信者のアクセス 表(RATS)選択して下さい。
    • リスナー ドロップダウン リストに外観から正しいリスナーを選択して下さい。
    • 受信者を『Add』 をクリック して下さい。
    • 受信者の Address フィールドでドメイン名を入力して下さい。
    • 処理 ドロップダウン リストから『Accept』 を選択 して下さい。
    • セットアップによっては、着信メール ポリシーをチェックしたいと思うかもしれません。
    • 宛先ホストに渡すために SMTP ルート エントリを入力して下さい。 ネットワーク > SMTP ルーティングを選択して下さい。
    • ルートを『Add』 をクリック し、新しいドメインおよび対応した 宛先ホスト IP アドレスを入力して下さい。

  2. ESA の IP を指すようにドメインができるように MXレコードを調節して下さい。 : ESA のこの調整は行われません。

  3. これらの方法のどちらかを使用してセットアップをテストして下さい:
    • トレース ユーティリティを使用して下さい
      • CLI で trace コマンドを使用して下さい。
      • GUI では、システム 管理 > トレースに行って下さい。
    • ドメインにテスト メッセージを送って下さい。
      • メッセージがシステムか使用 メッセージ トラッキングをどのように通ったかメール ログをチェックできます


Document ID: 118215