セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのようにエンドユーザ 通知 ページをカスタマイズしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

Madhura Kumar および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問


どのように Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)のエンドユーザ 通知 ページをカスタマイズしますか。

カスタマイズされたエンドユーザ 通知(EUN)またはブロック ページは AsyncOS ビルド 5.5.1 およびそれ以降で利用できます。 管理者は設定の下でディレクトリに FTP によって- > eun それぞれカスタマイズされた EUN ページをアップロードできます。 最初に設定 > eun の下のサブディレクトリーは設定/eun/{言語}のようなそれぞれ言語ディレクトリですべての標準 EUN ページが含まれています。 管理者は FTP によってカスタマイズされた EUN ページをアップロードし、標準 EUN ページを無効にすることができます。

セットアップによってカスタマイズされる EUN ページはじめて:

  • それぞれフォルダに FTP によってすべてのカスタマイズされた EUN ページをアップロードして下さい
  • コマンドを使用して CLI からのカスタム EUN ページを使用するために WSA を設定して下さい: advancedproxyconfig > EUN は > "Use Custom EUN pages"を 選択する
  • CLI コマンドを使用して変更を保存して下さい-託して下さい



EUN ページをアップロードするステップ:

たとえば、英語の WSA の DNS 失敗ページを変更するための必要なステップはここにあります:

  1. WSA のマネージメントインターフェイスに FTP して下さい- admin@<WSA_host_name_or_IP> を FTP して下さい
  2. ディレクトリに参照して下さい: 設定 > eun > EN
  3. ダウンロードし、ERR_DNS_FAIL ページを編集するか、または新しい ERR_DNS_FAIL ページを作成して下さい。 
  4. 設定 > eun > EN フォルダに編集された ERR_DNS_FAIL ページをアップロードして下さい。


アップロードの後、CLIインターフェイスへのログイン。 それから使用カスタム EUN ページ オプションを使用して下さい。 このオプションが既に有効に なって いる場合、アップロードされたカスタマイズされた EUN ページを有効にさせるのにリフレッシュ EUN ページ コマンドを使用して下さい。

既存の EUN ページを編集するステップ:

既存のカスタム EUN ページを編集するために、次の手順に従って下さい:

  • 適切なディレクトリに編集された EUN ページをアップロードして下さい: 設定 > eun > EN
  • CLI コマンドを使用して EUN ページをリフレッシュして下さい: advancedproxyconfig > EUN > リフレッシュ EUN ページ

最初にアップするときプロキシがメモリに最新の EUN ページをロードするので EUN ページをリフレッシュすることは必要です。 プロキシが更新済ページとリロードされるまでプロキシが動作している間変わったどのページでも有効ではないです。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117957