会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

重複した TMS サービスを取除きチケットを実行しない TMS サービスをクリアする方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に 1 サーバ実行しない開いた TelePresence 管理 スイート(TMS)サービスを解決する方法をから別のものへの TMS アプリケーションを移行した後チケットを記述されています。

アダム Wamsley によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

この文書に記載されている情報は Cisco TelePresence 管理スイートに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

顧客が TMS アプライアンス Virtual Machine (VM)にまたは 1 VM からの別の VM に TMS アプリケーション移行したケースがあるかもしれません。 ケースが、TMS 報告するチケットを生成するかもしれないものはどれでも TMS サービスは前のサーバ名ともはや実行されていません。

問題

TMS アプリケーションが 1 サーバから別のサーバに移行した後、TMS レポートは TMS サービスのそれぞれが前のサーバ名ともはや動作していないことを示すチケットを開きます(これらのイメージと同じような)。

また管理上の Tools>TMS サーバ Maintenance>TMS サービス ステータスの重複 補給に会います。

解決策

  1. 管理上の Tools>TMS サーバ メンテナンスに行って下さい
  2. TMS サービス ステータス バナーをクリックして下さい。 これはサービス セクションを拡張します。 停止したサービスの前のサーバ名およびステータスの重複 補給が表示されます。
  3. クリア リスト ボタンをクリックして下さい。 これはサービスの全体のリストをクリアします。
  4. 1-2 分を待ち、『Refresh』 をクリック して下さい

サービスはサーバのための現在のサービスだけとゆっくり再読み込みします。 前のサーバからの重複によって停止されるサービスはもはや現われません。 これを完了することはまた開いた TMS チケットを取除きます。

: ステップ 2 は TMS 機能を影響を与えません。 今でもそれは最小限のユーザに影響を与える時変更を行なう好ましい習慣です。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117625