セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

スパム検疫ハンドルはどのように内部エイリアスか分配リストに送信 されて無差別に送信するか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

クリス Haag およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

何回も、スパムは「エイリアス」か分配リストに送信 されます。 これらのエイリアスはアプライアンス自体のまたはバックエンド グループウェア サーバ内のエイリアスの各「本当」受信者のための一つのメッセージに)拡張されるか、または裂けます。

これらのアドレスに送信 される スパムは一つのメッセージにからスパムを受け取っている多くのユーザという結果に終る場合があります。 スパムを考慮することはエイリアスおよびスパム検疫メッセージが postive スパムとしてタグ付けされるされたりまたは検疫に渡される前に(ISQ)に、それですすべての LDAP 別名、展開および書き換えがことを確認して重要送信 しましたときに。 その結果、スパム検疫の動作は基づいて展開がどこにに起こるか異なります。

エイリアス展開をするために電子メール Secuity アプライアンスが設定される場合各エンベロープ受信者に機能する自身の別途の検疫されたメッセージがあります。 展開がバックエンド システムで行われる一方、一つのメッセージは検疫され、全体のエイリアス グループはダイジェスト通知を受信します。 この場合、エイリアス メンバーのうちのどれかが入り、メッセージを発表するか、または削除できます。

ダイジェストの受信者の 1 つが検疫からメッセージを発表すれば、およびエイリアス展開は ESA で起こります注、そしてリリースはその 1 受信者だけに影響を与えます。 ただし、展開がグループウェア サーバで起こればメッセージはその分配リストのすべてのメンバーのために発表されるか、または削除されます。



Document ID: 118237