セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

Microsoft Windows で pscp を使用する方法を教えてください。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

Microsoft Windows で pscp を使用する方法を教えてください。

著者:Cisco TAC エンジニア。

環境

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)、Web セキュリティ アプライアンス(WSA)、セキュリティ管理アプライアンス(SMA)、AsyncOS のすべてのバージョン

解決策

このナレッジ ベース記事では、シスコによる保守およびサポートの対象でないソフトウェアを参照しています。  情報は、利便性のために無償で提供されています。  さらにサポートが必要な場合は、ソフトウェア ベンダーに連絡してください。

http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html から pscp.exe をダウンロードして下さい。
ディスクに保存します。
Windows CLI を開きます。 [Start] -> [Run] の順に選択し、[Open] フィールドに「command」と入力して [OK] をクリックします。
「pscp.exe」を Windows CLI にドラッグし、CLI にコマンドのフルパスを入力します。

特定のファイルをアップロードします。
pscp file user@host: file

特定のファイルをダウンロードします。
pscp user@host: file file

フォルダ内のすべてのファイルをダウンロードします。
pscp -unsafe user@host: folder/*.* folder/


使用方法: pscp [options] [user@]host: source target
pscp [options] source [source...] [[user@]host: target
pscp [options] -ls [user@]host: filespec
Options:
--V print version information and exit
--pgpfp print PGP key fingerprints and exit
--p preserve file attributes
--q quiet, don't show statistics
--r copy directories recursively
--v show verbose messages
--load sessname Load settings from saved session
--P port connect to specified port
--l user connect with specified username
--pw passw login with specified password
--1 -2 force use of particular SSH protocol version
--4 -6 force use of IPv4 or IPv6
--C enable compression
--i key private key file for authentication
--batch disable all interactive prompts
--unsafe allow server-side wildcards (DANGEROUS)
--sftp force use of SFTP protocol
--scp force use of SCP protocol



Document ID: 118302