セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

どのように Windows ドメインにログイン するために使用されている物より認証のために異なる資格情報を使用しますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

著者:Cisco TAC エンジニア、Jakob Dohrmann および Siddharth Rajpathak

質問

どのように SSO のために設定されるマシンの認証のために特定のユーザーの資格情報を使用しますか。

環境:

SSO のために設定される S シリーズ。 ユーザは Windows ドメイン ログオンされるが、機能していましたり他の資格情報を WSA に対して認証を受けるのに使用したいと思いますマシンで。

例は普通より多くの権限がある従業員によって使用する制限されたアクセスを用いるゲスト PC です。

症状:

するプロキシの SSO をはたらいていること参照のために使用するために望んだが、マシンとしてそれらを入力することができないアカウントがあります。 ログでユーザ名がはたらかせているマシン Windows ドメインとのログイン されることを見ます。 自身の名前がここに表示されることを望みます。

: このナレッジ ベース記事では、シスコによる保守およびサポートの対象でないソフトウェアを参照しています。  情報は、利便性のために無償で提供されています。 さらにサポートが必要な場合は、ソフトウェア ベンダーに連絡してください。

現在のワークステーションがある特定の資格情報が付いている Windows ドメイン ログイン される場合、それらの資格情報は Cisco Web セキュリティ アプライアンスに SSO が正しく設定される場合送られます。

回避策は他のユーザとしてブラウザを開始することです。 リンク(タスク バーの、デスクトップのまたは Start メニューのブラウザ シンボル)の右クリックはありますとして動作したオプションが「…」

異なる資格情報にそれから置く認証するのに使用することができ、WSA アプライアンスのアクセスログをログオンしました。



Document ID: 117946