Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

どのように Windows クライアントから Cisco インフォメーション・サーバー ODBC ドライバを取除きますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

Windows クライアントから Cisco インフォメーション・サーバー ODBC ドライバを取除く方法

概要

この資料の目的は完全に Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)開放型データベース接続 (ODBC) ドライバをシステムからもはや取除き、Windows ODBC 管理者に現われてもらう手順を提供することではないです。

スコア Shao によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Windows クライアントマシンから Cisco インフォメーション・サーバー ODBC ドライバを取除く方法

これは次のいずれかがあることを必要とします:

  • このパスの下でインストールされる odbc ドライバ コンポーネント: <composite home> \アプリケーション\ odbc

  • Windows ホストの一時ディレクトリで解凍される odbc ホットフィックス ファイルのコンテンツ

いずれにしても、コマンド セッション ウィンドウからのこのファイルを見つけ、実行して下さい。

CIS バージョン 6.1 ODBC ドライバをアンインストールするために、コマンドを入力して下さい:

>CsOdbcInstall61_x64.exe -アンインストールして下さい

CIS バージョン 6.2 ODBC ドライバをアンインストールするために、コマンドを入力して下さい:

>CsOdbcInstall62_x64.exe -アンインストールして下さい

: これは既に作成されている ODBC 配信状態通知(DSNs)を削除します。

例:

この正常な例では、使用方法により cmd プロンプト エラーなしでかメッセージは戻ります単に。

C:\Program Files\Composite Software\CompositeSoftware6.2.0\apps\odbc64>CsOdbcInstall61_x64.exe -アンインストールして下さい

C:\Program Files\Composite Software\CompositeSoftware6.2.0\apps\odbc64>

その後、ドライバ エントリがもはや odbc admininstrator および対応した ファイルで存在 することがわかりません

C:\Windows\System32\composite62_x64.dll は削除されます。

これらのステップにおいての問題がある場合、C:\CompositeInstall.log ファイルのエラーを探して下さい。



Document ID: 118042