セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

どのように Cisco Web セキュリティ アプライアンスを使用して URL をリダイレクトしますか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

どのように Cisco Web セキュリティ アプライアンスを使用して URL をリダイレクトしますか。

Jaki Hasan および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

環境

AsyncOS バージョンを実行する Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)。

ある特定の Webサイトにトラフィックをモニタし、ブロックするのに Cisco Web セキュリティ アプライアンスの使用に加えてまた別の Webサイトにユーザをリダイレクトするのにそれを使用できます。 最初にカスタム URL カテゴリーの使用によって規定 する 位置に URL か Webサイトに向かうトラフィックをリダイレクトするためにアプライアンスを設定できます。 これはそれをリダイレクトしている宛先 サーバの代りにアプライアンスのトラフィックをリダイレクトすることを可能にします。

HTTPトラフィックに関しては

  1. カスタム URL カテゴリを(GUI > Web セキュリティ マネージャ > カスタム URL カテゴリ)作成し、リダイレクトしたい URL を含んで下さい。

  2. 関連したアクセスポリシーにこの新しいカスタム URL カテゴリを含めて下さい(GUI > Web セキュリティ マネージャ > アクセスポリシー > URL カテゴリー)。

  3. カスタム URL カテゴリ。 セクションは Setting カラムの下に、関連したカスタム URL カテゴリを選択しましたり、含み、次に関連するカスタム URL カテゴリに選択しますリダイレクト オプションを選択します。

  4. リダイレクト オプションが選択されたら、テキストボックスはカスタム URL カテゴリ名の下で現われます。 このテキストボックスでは、に reidrected 要求を希望すること URL を入力して下さい。

HTTPS トラフィックに関しては

デフォルトで、HTTPS URL は HTTP URL のようにリダイレクトすることができません。 HTTPS URL をリダイレクトするために、それらは最初に復号化する必要があります(GUI > Web セキュリティ マネージャ > 復号化 ポリシー)。 HTTPS URL が復号化されたら、アクセスにそれからポリシングを行ないます服従します。 HTTPS URL はアクセスポリシーの下でそれからリダイレクトすることができます。

  1. カスタム URL カテゴリを(GUI > Web セキュリティ マネージャ > カスタム URL カテゴリ)作成し、リダイレクトしたい URL を含んで下さい。

  2. 関連したアクセスポリシー(GUI > Web セキュリティ マネージャ > アクセスポリシー > URL カテゴリー)および復号化 ポリシーにこの新しいカスタム URL カテゴリを含めて下さい(GUI > Web セキュリティ マネージャ > 復号化 ポリシー > URL カテゴリー)。

  3. 復号化 ポリシーで含まれたカスタム URL カテゴリに復号化 オプションを選択して下さい。

  4. アクセスポリシーで含まれたカスタム URL カテゴリにリダイレクト オプションを選択して下さい。

  5. リダイレクト オプションが選択されたら、テキストボックスはカスタム URL カテゴリ名の下で現われます。 このテキストボックスでは、にリダイレクトされる要求を希望すること URL を入力して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118229