セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように反スパム セットアップをテストしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ジャッキー Fleming およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)を通してサンプル スパム メッセージの送信によって反スパム セットアップをテストする方法を説明されています。 最初に、反スパムがサーバで有効に なることを確かめる必要があります。 次にこれは Webインターフェイスへのログオンし、「セキュリティ サービス タブ選択することによって「を反スパム」確認することができ、確かめます有効に なることを。 また着信メール ポリシーに有効に なる反スパム設定があることを確かめて下さい。 ポリシーのそして「着信メール ポリシーを郵送することを行くことによって「それを確認できハイパーリンクをクリックして反スパムの下でポリシー スパム設定を修正します。

スパム メッセージの適切な行動を奪取 するために着信メール ポリシーを設定した後 ESA の CLI にログオンして下さい。 「X アドバタイズメントが付いているサンプル スパム メッセージを生成しようと思っています: スパム」メール メッセージのヘッダ。 ポート 25 および下記の例で示されている開始 SMTP メッセージ交換のアプライアンスへの Telnet。


example.domain.com> telnet mail.example.com 25
Trying 172.19.1.93...
Connected to mail.example.com.
Escape character is '^]'.
220 mail.example.com ESMTP
ehlo example.com
250-example.com
250-8BITMIME
250 SIZE 104857600
mail from:test@example.com
250 sender <test@example.com> ok
rcpt to:test2@example.com
250 recipient <test2@example.com> ok
data
354 go ahead
X-Advertisement: Spam
Subject: testing spam filter
data
spam test
.
250 ok: Message 44 accepted
quit



メッセージを入って来視聴するように ESA の CLI の「末尾 mail_logs」を打ち込めば出力はそれのように下記のように示されています何かを見える必要があります:



Tue Apr 26 16:33:48 2005 Info: Start MID 44 ICID 28
Tue Apr 26 16:33:48 2005 Info: MID 44 ICID 28 From: <test@example.com>
Tue Apr 26 16:33:53 2005 Info: MID 44 ICID 28 RID 0 To: <test2@example.com>
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: MID 44 Message-ID '<41faeo$1c@example.com>'
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: MID 44 Subject 'testing spam filter'
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: MID 44 ready 84 bytes from <test@example.com>
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: MID 44 matched all recipients for per-recipient
policy DEFAULT in the inbound table
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: MID 44 Brightmail positive
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: Message aborted MID 44 Dropped by case
Tue Apr 26 16:34:18 2005 Info: Message finished MID 44 done
Tue Apr 26 16:34:21 2005 Info: ICID 28 close


メール ログの結果はメッセージが肯定的なスパムとして識別され、反スパム 着信メール ポリシーで定義されたように廃棄されたことを示します。 ESA が反スパム設定で定義されたように適切な行動を奪取 して いることを確認して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118314