オプティカル :

MXP-MR-10DME-C ラインカードにおいての Fibre Channel トラフィック問題

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

この資料は Fibre Channel (FC) トラフィックを転送するためにストレージ エリア ネットワーク(SAN)スイッチが MXP-MR シリーズ ラインカードを使用するとき観察される問題を記述したものです。 この資料はすべての既知の問題、問題およびソリューションを強化するように意図されています。

: Cisco ONS 15454 DWDM コンフィギュレーション ガイド11.12 MXP_MR_10DME_C および MXP_MR_10DME_L カード セクションこのカードについてのその他の情報のためのリリース 9.8 参照して下さい。

: 詳細については Cisco テクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Cisco 世界連絡先 Webページにログイン して下さい。

著者:Cisco TAC エンジニア、Sunil Poonia

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • マルチサービス転送する プラットフォーム(MSTP)システム、概念およびハードウェア
  • Cisco Transport Controller
  • FC トラフィックで使用される用語

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • MXP-MR (15454-10DME-C)ラインカード
  • Optical Networking System (ONS) 15454 MSTP

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

Cisco MXP-MR-10DME-C ラインカードは 1 つの OUT-2/STM-64/OC-192 DWDM tunk 側場合にクライアント SAN サービス入力(GE、FICON および FC)のミックスを集約するために使用されます。

問題はこのラインカードを通した FC トラフィックと観察されました。 これらの問題は MXP-MR-10DME-C クライアントインターフェイスのスイッチ インターフェイス、エラー、SAN スイッチ インターフェイスのエラー、または相互運用性 の 問題の変動である場合もあります。

この資料に説明がある情報のより大きい説明に関しては Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。

FC トラフィックにおいての MXP-MR-10DME 問題

相互運用性の問題

このセクションは 4-G FC インターフェイスを使用する ONS 15454-10DME シリーズ ラインカードとマルチレイヤ データ スイッチ(MDS9500)間の相互運用性 の 問題を Cisco 9500 シリーズ記述します。

距離拡張(DE)機能(別名バッファにバッファ クレジット スプーフィング)を使用する ONS Dense Wave Division Multiplexing (DWDM)接続に関しては、Fibre Channel バッファにバッファ ステート の 変化 通知(FCBBSCN)オプションはスイッチ間リンク プロトコル(ISL)でディセーブルにする必要があります。

: 詳細については Cisco MDS 9000 ファミリー NX-OS インターフェイス コンフィギュレーション ガイド設定インターフェイス バッファ セクションを参照して下さい。

2 Gb/s の 10DME ラインカードとの ONS に関しては、ONS はバッファにバッファ(B2B)リカバリ帯を廃棄し、有効に なる DE と、渡しません。 ただし、4 Gb/s で ONS は B2B 帯を渡します。 これは FCBBSCN 機能においての相互運用性 の 問題を引き起こしています。 

この動作を解決するために、これら二つのステップの 1 つを完了して下さい:

  1. スイッチポート fcbbscn 無しで MDS9500 を設定して下さい。
  2. 10DME ラインカード ポートの DE 機能をディセーブルにして下さい。

fcStatsRxRecvrReady および fcStatsTxRecvrReady の増分

トラフィックが見つかるとき fcStatsRecvrReady のための増分がおよび fcStatsTxRecvrReady だけ MXP-MR-10DME-C ラインカードの Performance タブから観察されたらおよび他のパラメータ増分が見られなかったら、このセクションに説明があるソリューションを使用して下さい。

問題の要約

Receiver Ready (R_RDY)伝達ワードの損失はクレジット バッファのリリースを防ぎます。 デフォルトで、スイッチポートは Exchange リンク パラメータ(ELP)モード 1.でのリンクを初期化します ただし、ゲートウェイはまた ISL R_RDY モードと言われる ELP モード 2 での初期化を期待します。 従って、2 つのスイッチが可能にするために両方のスイッチのポートは ELP モード 2.のためにゲートウェイを通ってリンクすることを設定 する必要があります

各ホストがスイッチにフレームを送信するので、スイッチはフレーム ヘッダーの SID およびドメイン ID (DID)を理解します。 宛先アドレスの DID がスイッチ(内部スイッチ通信)のそれと同じなら、フレーム バッファは宛先ポートにコピーされ、クレジット R_RDY はホストに送信 されます。 スイッチ ワード ゼロを読み、知られているものがカットスルー ルーティングとして行うために FC フレームの 1 つを言い表わす必要だけ。 フレームはインプットポートによって完全に受け取られる前に出力ポートから現れ開始するかもしれません。 全体のフレームはスイッチでバッファリングされる必要はありません。  

B2B フロー制御はリンクの反対側のポートによって補充される利用可能 なクレジット提供および待機の送信 ポートを通ってクレジットがあるために発生します。 これらの B2B クレジットはクラス 2 およびクラス 3 サービスによって使用され、受け取リンク ポートから送信側に送られる FC R_RDY 制御 ワードに頼ります。

フレーム伝送の比率はバッファの機能に基づいて受け取リンク ポートによって受信フレームを保持する調整されます。

ディセーブル R_RDY モード EMC SAN スイッチポート

古いスイッチ インターフェイス 設定の例はここにあります:

  • トラフィック 分離は無効です
  • トランキングは無効です
  • ISL_R_RDY モードは有効に なります

以前に記述されている相互運用性 の 問題を解決するこれは新しい設定です:

  • トラフィック 分離は無効です
  • トランキングは無効です
  • ISL_R_RDY モードは無効です

結論

問題は EMC スイッチおよび MXP-MR-10DME ラインカードにおいての既知の問題に基づいています。

この問題を解決するために、これらの変更を EMC スイッチで行います:

  • トラフィック 分離は無効です
  • トランキングは無効です
  • ISL_R_RDY モードは無効です
  • スイッチは両方とも ELP モード 2 のために設定 されます

: これらのエラーはまたスイッチが DE をサポートしないか、または DWDM の必須距離をサポートしなければ発生する場合があります。 スイッチ ソフトウェア/ハードウェアがアップグレードを必要とするかもしれませんので、詳細についてはスイッチ ベンダーとチェックして下さい。

スイッチ インターフェイスで観察される断続的な出力破棄

要約

このシナリオでは、パケットの出力破棄はスイッチ インターフェイスで観察され、アラーム/条件は ONS 15454 システムで観察されません。 MXP-MR-10DME-C ラインカードで、fcStatsRxRecvrReady の増分および 8b10bInvalidOrderedSetsDispErrorsSum は観察されます。

解決概略

影響を受けた ONS 15454 システムのソフトウェア バージョンを確認して下さい。 ソフトウェアがバージョン 8.50 である場合、8.51、か 8.52 は、そこに問題を引き起こしているソフトの欠陥です。

この問題を解決するために、ONS はソフトウェア バージョン 9.1.0 にアップグレードする必要があります。

Cisco バグ ID CSCsr75681

これらは問題現象です:

  • 次にパケットおよびトラフィック再開は失われます。
  • 出力破棄は MDS9513 スイッチのインターフェイスで観察されます。
  • No エラーは CTC で報告されます。

問題の状態は 10DME ラインカードが MDS9513 スイッチに接続され、下記のもので設定されることです:

  • 4-G FC
  • E-E の DE

ONS ソフトウェアアップグレードの後で、MXP-MR-10DME-C ラインカードの Field Programmable Gate Array (FPGA)バージョンをチェックして下さい: 

  1. Cisco Transport Controller (CTC)にログイン して下さい。
  2. カード ビュー > メンテナンス > 情報へのナビゲート。

FPGA の最新バージョンはバージョン 9.222 でテストされ、すべての新しいリリースで利用可能 な RAILTO_SOUTH 1.41 および RIALTO_NORTH 2.35 です。 詳細については FPGA セクションを参照して下さい。

最も新しい FPGA バージョンがソフトウェアアップグレードの後で利用できない場合、強制 FPGA アップデートを行って下さい。 このシステムにアップグレードに関する詳細についてはリリース 9.1 Cisco の 記事へ Cisco ONS 15454 をアップグレードすることを参照して下さい。

: 詳細については Cisco テクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Cisco 世界連絡先 Webページにログイン して下さい。

MXP-MR-10DME クライアントインターフェイスの mediaIndStatsTxFramesBadCRC エラーの増分

要約

両方のスイッチ インターフェイス レポート断続的な CRCエラー。 MXP-MR-10DME ラインカードで、TxBadCRC エラーの増分はクライアント ポートから観察されます。

解決概略

ONS 15454 ノードのソフトウェア バージョンを確認して下さい。 ソフトウェアが 8.52 によってバージョン 7.0 である場合、システムはソフトの欠陥から影響を受けます。

この問題を解決するために、ONS ノードはソフトウェア バージョン 9.1.0 にアップグレードする必要があります。

Cisco バグ ID CSCsm50360

これらは問題現象です:

  • シングル ビット エラー イベント(1E-12 のまわりのエラー発生率)は出力(TX)方向の 10DME ラインカードによって生成されます。
  • エラーは mediaIndStatTXFramesBadCRC カウンターによってキャプチャ されます。

問題の状態は 4-G FC モードがポート 1ポート 5 で使用されることです(ポート 1 は大抵影響を受けています)。

ONS ソフトウェアアップグレードの後で、MXP-MR-10DME-C ラインカードの Field Programmable Gate Array (FPGA)バージョンをチェックして下さい:

  1. Cisco Transport Controller (CTC)にログイン して下さい。
  2. カード ビュー > メンテナンス > 情報へのナビゲート。

FPGA の最新バージョンはバージョン 9.222 でテストされ、すべての新しいリリースで利用可能 な RAILTO_SOUTH 1.41 および RIALTO_NORTH 2.35 です。 詳細については FPGA セクションを参照して下さい。

最も新しい FPGA バージョンがソフトウェアアップグレードの後で利用できない場合、強制 FPGA アップデートを行って下さい。 このシステムにアップグレードに関する詳細についてはリリース 9.1 Cisco の 記事へ Cisco ONS 15454 をアップグレードすることを参照して下さい。

: 詳細については Cisco テクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Cisco 世界連絡先 Webページにログイン して下さい。

名の通ったソフト問題 

ONS ソフトウェア バージョン 7.0 〜 8.50 に MXP-MR-10DME ラインカードおよび FC トラフィックに関する欠陥があります。 このセクションは既知の障害を記述します。 

Cisco バグ ID CSCsc36494 

説明

Cisco バグ ID タイトル: 消える押しつぶすことの手動 Y ケーブル スイッチによりブロケード スイッチとの Fibre Channel リンクはダウン状態になります場合があります

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 7.0 およびそれ以降で観察されます。

条件

この問題を再生するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 保護される Y字型ケーブルであるように MXP_MR_10DME ラインカードを設定して下さい。 ある押しつぶすことを提供して下さい。 DE は有効に なります。
  2. Y字型ケーブルによって保護されるラインカードのペア間のパスにもたらされる距離がないが保護パスにもたらされる 800 の km の遅延がありますことを確認して下さい。
  3. ブロケード スイッチから FC トラフィックを始めて下さい。
  4. CTC からのユーザ開始の、手動 Y字型ケーブル スイッチを行って下さい。

少数のスイッチオーバの後で、FC リンクはダウン状態になります。 SIGLOSS および GFP-CSF アラームは観察されます。

回避策

Cisco はブロケード スイッチによって相互に作用するときである押しつぶを提供することを推奨します。 どういうわけか、押しつぶすことがブロケード スイッチと消える必要があれば Cisco は Y字型ケーブル スイッチを行うために強制コマンドを使用することを推奨します。

期待された解決

この問題のための既知解決がありません。 Cisco は回避策を適用することを推奨します。

Cisco バグ ID CSCsh71385 

説明

Cisco バグ ID タイトル: Brocade と相互運用する場合の 10DME-C:FC トラフィック予想外劣化

1 または 2-G FC は 1 方向にトラフィックによって、反対方向は問題を示すが、スループット予想通り発生します。 最初のスループットは正常でが、信じること当然のゼロにゆっくり失われて減少します。 スイッチは普通リンクを復元するために LR を引き起こします。 MXP-10DME ラインカードはインターパケット ギャップがアイドル状態の代りに ARB 時 VC-RDY を削除するかもしれません。

既知該当するソフトウェア リリース

ソフトウェア バージョン 7.0 〜 8.50 はこの欠陥から影響を受けます。

条件

トラフィックは FC (1 または 2-G FC)で、クラス 3 仮想 な クラスです(VC-RDY は R-RDY の代りに使用されます)。 問題は MXP-10DME ラインカードが否定的な比率補正(インターパケット ギャップ削除)を行うと発生します。

回避策

スイッチの ISC (R_rdy)モードを使用して下さい。

期待された解決

ソフトウェア バージョン 8.52 に含まれているこの問題のための修正があります。

Cisco バグ ID CSCsj42162

説明

Cisco バグ ID タイトル: mxp-mr-10dme のチェーンで復元する トラフィック

いくつかのパケットは MXP-MR-10DME ラインカードの CRCエラー(ペイロード/統計情報の mediaIndStatsRxFramesBadCRC 増分)とソース イーサネット信号が MXP-MR-10DME ラインカードのデイジーチェーン セットアップで廃棄され、次に再導入されるとき破損します(互いにあちこちに接続される)。

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 7.3 で観察されます。

条件

少なくとも 4 つの MXP-MR-10DME ラインカードによって設定されるデイジーチェーンがありソース イーサネット信号は廃棄され、再導入する必要があります。  

回避策

次に lost carrier のパスの各 SFP の Adminの状態は OOS-DSBLDIS 状態に変える必要があります。

期待された解決

ソフトウェア バージョン 8.51 に含まれているこの欠陥のための修正があります。 

Cisco バグ ID CSCsm50360

説明

Cisco バグ ID タイトル: 4FC モードの 10dme 出力 CRCエラー

出力(TX)方向の 10DME ラインカードによって生成されるシングル ビット エラー イベント(1E-12 のまわりのエラー発生率)があります。 エラーは mediaIndStatTXFramesBadCRC カウンターによってキャプチャ されます。

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 7.0 〜 8.51 で観察されます。

条件

4-G FC モードはポートによって 1 が大抵影響を受けているポート 1 または 5.で使用されます。

回避策

この問題のための既知の回避策がありません。

期待された解決

この欠陥のための修正はソフトウェア バージョン 8.52 に含まれています。

Cisco バグ ID CSCso92457 

説明

Cisco バグ ID タイトル: 分の等級の 4GFC スイッチング時間

MXP-MR-10DME ラインカード トランク スイッチが発生した後、トラフィックは永久にありましたりまたは 4 から 5 分後にもどって来ます。  

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 9.0 で観察されます。 

条件

この問題を再現するには、次の手順を実行します。

  1. 有効に なる 4-G FC DE の MXP-MR-10DME ラインカードを提供し、保護される Y字型ケーブルであることを確認して下さい。
  2. トランク RX ファイバを得て下さい。
  3. MXP-MR-10DME ラインカードがトランクおよびスイッチの LOS-P をそれに応じて上げるようにして下さい。
  4. トラフィックが 30 秒(スイッチのリンク 再ネゴシエーション)後にもどって来ることを確認して下さい。

回避策

この問題のための既知の回避策がありません。

期待された解決

この欠陥のための修正はソフトウェア バージョン 9.1 に含まれています。

Cisco バグ ID CSCsq46283 

説明

Cisco バグ ID タイトル: MXP-MR-10DME: FC4G は- > OOSMT - > あります引き起こします遅く連続的なパケットロスをあります。 

いくつかのパケットは 10 から 15 分の間絶えず失われます。

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 8.52 で観察されます。

条件

この問題を再現するには、次の手順を実行します。

  1. 4-G FC の MXP-MR-10DME をか有効に なる 4-G Ficon および DE 提供して下さい。
  2. ポートをですこれへの設定された類似した確認して下さい: > OOS は、MT > IS あります。
  3. いくつかのパケットが失われることを確認して下さい。

回避策

これと同じようなポートを設定して下さい: OOS、DSBLD > IS。

期待された解決

この欠陥のための修正はソフトウェア バージョン 9.00 に含まれています。

Cisco バグ ID CSCsr41096

説明

Cisco バグ ID タイトル: Brocade Silkworm とのインターオペラビリティ 4G FC。

SAN スイッチポートがオフ・ラインで/オンライン来るとき CTC にアラームがありません。  

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 8.52 で観察されます。

条件

ラインカードは 4-G FC トラフィックのために設定され、モード E を使用しDE はどちらかのイネーブルまたはディセーブルです。 問題はあらゆるサイズ(36 バイト、またはゼロ・バイト ペイロードが付いているパケット)の小さいパケットとの特定のシーケンスと関連しています。

回避策

MD スイッチから、トランキングモードに TE ポートを設定 して下さい: 。 ブロケードに既知の回避策がありません。

期待された解決

この欠陥のための修正はソフトウェア バージョン 9.0 に含まれています。 

Cisco バグ ID CSCsr75681

説明

Cisco バグ ID タイトル: MDS9513:DE オン:からの MXP-MR-10DME-C:FC4Gパケット破棄

パケットは、トラフィック再開失われ。 出力廃棄は MD 9513 シリーズのインターフェイスで切り替えます観察されます。 No エラーは CTC で報告されます。

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 8.52 で観察されます。

条件

10DME ラインカードは MD 9513 シリーズに切り替え、ですこれへの設定された類似した接続します:

  • 4-G FC は使用されます
  • DE は有効に なります
  • E-E 設定は使用されます

: この問題はまた DE が MXP ラインカードでディセーブルにされるとき観察されます。 

回避策

この問題のための既知の回避策がありません。

期待された解決

この欠陥のための修正はソフトウェア バージョン 9.0 に含まれています。

Cisco バグ ID CSCsr93501

説明

Cisco バグ ID タイトル: Brocade/Qlogic の DE および少数のクレジットとの予想外スループット ドロップする。 

リンクは fullレート スループットを実現できません。 帯は失われません。 MXP-MR-10DME ラインカード パフォーマンスの監視は fcStatsTxRecvrReady との fcStatsRxRecvrReady およびほとんど等しいと等しい fcStatsZeroTxCredits を報告します。 これはリンクが混雑するように MXP-MR-10DME ラインカードが 0 Tx クレジットを使用することを意味します。

既知該当するソフトウェア リリース

この欠陥はソフトウェア バージョン 8.52 で観察されます。

条件

システムはこれへの設定された類似したです: TestSet > Brocade > MXP-MR-10DME > MXP-MR-10DME > Brocade > TestSet。 ブロケードは portCfgISLMode 1 コマンドで R_RDY モードの ISL ポート(E ポート)で設定されます。 ポート F に 8 つのクレジットおよびブロケード GUIインターフェイスによって報告されるポート E に 8 つのクレジットがあります。 また、MXP-MR-10DME ラインカード DE は有効に なります。

回避策

この問題のための既知の回避策がありません。

期待された解決

この欠陥のための修正はソフトウェア バージョン 9.0 に含まれています。

: この問題はブロケードと Q ロジック FC スイッチ(16 のクレジットだけ)によってほとんど完全に再生されます。 MD スイッチはこの問題から影響を受けるために観察されません。

FPGA

各 MXP-MR-10DME-C ラインカードに 2 FPGA があります:

  • ポート 14.のための RIALTO_NORTH。
  • ポート 58.のための RIALTO_SOUTH。

FPGA 情報は CTC から得ることができます。 次にこの情報を得るために間、カード ビューで、情報 『Maintenance』 をクリック すれば。 Info タブの下で、FW_VERSION (ファームウェアのバージョン)は両方の FPGA バージョンについての情報が含まれています。 ポート 14 およびポート 58 は 1-G FC または 4-G FC トラフィックのために設定可能です。

: 4-G FC および 1-G 両方 FC (およびファームウェアのバージョン)のためのイメージで示されている FPGA バージョンはバージョン 9.2.2 および それ 以降で利用可能 な最新バージョンです。

推奨事項

Cisco は名の通ったソフト欠陥を避けるために少なくともバージョン 9.1.0 に FC トラフィックを稼動するシステムのソフトウェア バージョンをアップグレードすることを推奨します。 

ダウンロード ソフトウェア バージョン

Download ページ最新の Cisco ONS 15454 M12 シリーズ MSTPsoftware をダウンロードするために Ciscoソフトウェアを参照して下さい。

: 詳細については Cisco テクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Cisco 世界連絡先 Webページにログイン して下さい。



Document ID: 117543