セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: 電子メール メッセージのフィルタ添付ファイル ルールはどの特定の一部で ESA で適用されますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は電子メール メッセージ フィルタ添付ファイル ルールのどの特定の一部が Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)でで適用するか記述します。

Tomki キャンプおよびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

電子メール メッセージのフィルタ添付ファイル ルールはどの特定の一部で ESA で適用されますか。

書き込みボディまたは接続機構メッセージ フィルター ルールの目的で、メッセージヘッダーがコンテンツが本文の内にある Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME)部品の最初のテキスト部品とみなされるメッセージ ボディとみなされた後すべて。 コンテンツ(すなわち、あらゆる追加 MIME 部品)の後の何でも添付ファイルとみなされます。

ESA がマルチパート メッセージの本文と添付ファイル間のこの違いをつけるので、本文変数または添付ファイル変数メッセージ フィルターを使用するとき望ましい結果を実現させるために支配する認識しているを必要があること複数のケースがあります:

  1. 単一テキスト部品が付いているメッセージが、すなわち、含むメッセージ Content-Type のヘッダあれば: テキスト/明白または Content-Type: テキスト/html は本文として、それから ESA メッセージ全体を考慮します。 コンテンツ の タイプが別の何でもである場合 ESA はそれが単一添付ファイルであると考慮します。
  2. 単一は、非テキスト部品添付ファイルと常にみなされます。 たとえば、.zip ファイルだけで構成されているメッセージは添付ファイルとみなされます。
  3. メッセージがマルチパート メッセージであり、最初の一部がマルチパート/代替添付ファイルなら場合、マルチパート/代替添付ファイルの全体はメッセージのコンテンツとみなされ、その他すべての一部は添付ファイルです。
  4. メッセージがマルチパート メッセージであり、最初の一部がマルチパート/代替添付ファイルでなければ場合、プリアンブルを含む最初のテキスト/明白な添付ファイルは、ない、メッセージのコンテンツとみなされます。


Document ID: 117833