セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: 添付ファイルが ESA で廃棄される場合アンチウィルス スキャンをすることを、まだ必要としますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は添付ファイルが Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で廃棄された後アンチウィルス スキャン メッセージに必要となるかどうか記述します。

著者:Cisco TAC エンジニア、Nasir Shakour、Enrico Werner

添付ファイルが ESA で廃棄される場合アンチウィルス スキャンをすることを、まだ必要としますか。

一般に、ウイルスのためにスキャンすることが常に得策です。 条件添付ファイルのための厳密な定義がそこにあります MIME 部品だけありません。 しかしそれはよくありますコンピュータがことができない予期と条件添付ファイルを使用するために告げる意味されるものが条件によって。  それが実際に意味するものはどんなユーザが添付ファイルとしてをの間で都合する捉え、ものがインターネット RFC の定義によって制御されるメッセージでそれらに利用可能であるかプログラマがマッピングを必要があることです。

ESA FAQ を参照して下さい: 電子メール メッセージのフィルタ添付ファイル ルールはどの特定の一部で ESA で適用されますか。 この定義の説明のための Ciscoドキュメント。

従って不正確な条件添付ファイルを設定するためのエンジニアで最もよい努力をバイパスするメッセージを組み立てる代替方法が常にあるので、厳格に除去する添付ファイルを実施することは困難です。 また受信 メールの添付ファイルを廃棄しても、送信 メールの添付ファイルを廃棄しないかもしれません。  従ってそれはウイルス、また着信電子メールのための発信電子メールをスキャンする好ましい習慣です。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117832