セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: どのように whitelist 受信者または送信側電子メールか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の whitelist 受信者または送信側電子メールにどのように記述されています。

ケビン Luu によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ESA
  • AsyncOS

使用するコンポーネント

AsyncOS のバージョンを実行するこの文書に記載されている情報は Cisco ESA に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

どのように whitelist 受信者または送信側電子メールか。

トラフィックが反スパム プログラムかコンテンツフィルタリングによって受信者の方にフローするブロックされないようにこれらのステップ whitelist 受信者の電子メールを完了して下さい:

  1. まだ AS スキャン ポリシーをスキップする適切のがあっていない場合ポリシー > 着信メール ポリシーを郵送しポリシーを『Add』 をクリック するためにナビゲート して下さい。

  2. ポリシーを挙げ、それを適切に発注して下さい。

    : ポリシーの解析はトップダウン順序で発生します、従ってあらゆるより広い捕獲物グループの上の新しいポリシーを置くようにして下さい。

  3. 受信者を選択し、受信者 eメールアドレスを追加し、『Add』 をクリック して下さい。

  4. [Submit] をクリックします。

  5. この受信者に適用したくないことスパム フィルタリング、コンテンツフィルタリングおよびその他のサービスをディセーブルにして下さい。

  6. 変更を保存して下さい。

: このプロシージャは whitelist に送信側 eメールアドレスを試みるが、ステップ 3.の送信側を選択するとき同じです。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117913