セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: どのように実際の停止かイベントに影響を与えるサービスを模倣しないで SNMPトラップ機能をテストしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 23 日) | フィードバック

概要

この資料に簡易 ネットワーク 管理 プロトコル (SNMP) トラップ機能をテストする方法を記述されています。

アンドリュー Wurster およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

この文書に記載されている情報は AsyncOS あらゆるプラットフォームに基づいています。

実際の停止かイベントに影響を与えるサービスを模倣しないで SNMPトラップ機能をテストする方法

snmptrap 隠しコマンドを使用して下さい。 これは設定された SNMPトラップ サーバに SNMP トラップ メッセージを始めます(snmpconfig を参照して下さい)。

複数のトラップ イベントおよびオブジェクト タイプから選択し、個々の値を同様に規定できます。

> snmptrap

1. CPUUtilizationExceeded
2. FIPSModeDisableFailure
3. FIPSModeEnableFailure
4. RAIDStatusChange
5. connectivityFailure
6. fanFailure
7. highTemperature
8. keyExpiration
9. linkUpDown
10. memoryUtilizationExceeded
11. powerSupplyStatusChange
12. resourceConservationMode
13. updateFailure
Enter the number of the trap you would like to send.
[]>

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117969