セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: どのように ESA のバウンス確認を設定しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のバウンス確認を設定する方法を記述されています。

Khoa Nguyen によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ESA
  • AsyncOS

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ESA、AsyncOS のすべてのバージョン

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

このセクションは ESA でタギングおよびバウンス確認の外観を提供します。

バウンス確認 外観

電子メールが有効に なるバウンス確認と送信 されるとき ESA はメッセージのエンベロープ 送信側 アドレスを書き換えます。 たとえば、MAIL FROM: joe@example.com は MAIL FROM になります: prvs=joe=123ABCDEFG@example.com. エンベロープ 送信側にアプライアンスによって送信 されると同時に追加される例の 123…ストリングはバウンス確認 タグです。 メッセージが跳ねる場合、バウンスのエンベロープ受信者のアドレスは一般的にバウンス確認 タグが含まれています。

: 追加詳細についてはアドバンスド ユーザー ユーザーズ ガイドキー セクションをタグ付けする設定バウンス確認 アドレスを参照して下さい。

デフォルトとしてシステム全体のバウンス確認タグ付けを有効に するか、またはディセーブルにすることができます。 また特定のドメインのためのバウンス確認 タギングを有効に するか、またはディセーブルにすることができます。 たいていの場合、それをデフォルトで有効に し、次に宛先管理テーブルの除外のための特定のドメインをリストします。

コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルが De-Militarized Zone (DMZ)の中の別のコンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルに既にタグ付けされたアドレスが含まれているバウンス メッセージを提供するとき、AsyncOS は別のタグを追加しません。

注意: バウンス確認を有効に する場合、ブランク エンベロープ 送信側と送信 されるによりアプライアンスは正当 な メールを拒否しますかもしれません。

ESA のバウンス確認を設定する方法

ESA のバウンス確認を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ポリシー > バウンス確認を郵送し4r5t6y7u のような数および文字のランダム選択とタギング キーを、手動で入力するためにナビゲート して下さい。

  2. バウンス確認設定を編集して下さい:

    1. ポリシー > 宛先制御を郵送し、バウンス確認を有効に するためにナビゲート して下さい。

    2. Domain フィールド 『DEFAULT』 を選択 して下さい(またはカスタム宛先から)。

    3. デフォルト ウィンドウが開き、跳ね上がり確認 セクションが現われたら、『Yes』 をクリック して下さい。

  3. タグが付いていない(誤った方向に導かれた)バウンスがブロックされるようにして下さい:

    1. ポリシー > メール フロー ポリシーを郵送するナビゲート。

    2. 適切なポリシーを選択し、セキュリティ機能 セクションを見つけて下さい。

    3. 評価するタグが付いていないバウンス値がにいいえ設定 されるようにして下さい AsyncOS の以前のバージョンで、受諾タグが付いていないバウンス値はいいえに設定 する必要があります

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117918