セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: 設定 XML ファイルのイーサネットのMACアドレスは ESA の障害回復で問題を引き起こしますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は設定 の バックアップ ファイルが新しい ESA にロードされるとき設定 XML ファイルのイーサネットのMACアドレスが E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の障害回復で問題を引き起こす場合がある場合記述します。

ジョン Yu およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

設定 XML ファイルのイーサネットのMACアドレスは障害回復で問題を引き起こしますか。

別のアプライアンスに設定をアップロードする場合設定の MAC アドレスに問題がありません。  コンフィギュレーション ファイルを検知 する場合、これに類似したに検知 する セクションを見ます:

<ethernet_settings>
    <ethernet>
      <ethernet_interface>Data 2</ethernet_interface>
      <media>autoselect</media>
      <media_opt></media_opt>
      <macaddr>00:c0:9f:41:cb:97</macaddr>
    </ethernet>
    <ethernet>
      <ethernet_interface>Data 1</ethernet_interface>
      <media>autoselect</media>
      <media_opt></media_opt>
      <macaddr>00:c0:9f:41:cb:96</macaddr>
    </ethernet>
  </ethernet_settings>

障害復旧の状況では、新しい ESA の MAC アドレスはこのコンフィギュレーション ファイルがから保存されたものと異なる可能性が高いです。 これらの MAC アドレスはドキュメント原因でコンフィギュレーション ファイルにだけあります。 それらはこのファイルが新しい ESA に復元するとき競合か問題を引き起こしません。 これらの MAC アドレスをアップデートする必要がありません。



Document ID: 117826