IP : Open Shortest Path First(OSPF)

Cisco NX-OS の OSPFV2 PE-CE シナリオのビット無視機能

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco NX-OS のビット(DN ビット)無視機能を説明していたものです。 この機能は Provider Edge (PE) ルータが型 3 を、型 5 無視しないように使用され、DN ビットが設定が付いている Customer Edge (CE) ルータから届く型 7 Link State Advertisement (LSA; リンクステート アドバタイズメント)は Open Shortest Path First (OSPF)のこれらの LSA を考慮するために計算をルーティングし。 DN ビットが PE-CE シナリオの OSPF と設定されるレイヤ3 VPN (L3VPN)のルーティングループを防ぐのに使用されています。 この機能は DN ビット チェックが PE ルータのハブ アンド スポーク トポロジーのようなある特定の特別なトポロジーで、無視されるようにします。 それはある特定のトポロジーだけに適当で、注意深く使用する必要がありますさもなければルーティングループという結果に終る場合があります。

マニ Ganesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

CLI コマンド

機能のための CLI コマンドは次のとおりです:

[no] down-bit-ignore

CLI コマンドは PE ルータの router ospf バーチャルルーティングおよびフォワーディング(VRF)モードでだけ目に見え、PE ルータの router ospf グローバル な モード(デフォルト VRF)で目に見えません。 機能は非 PE ルータの router ospf VRF モードでディセーブルにされます。

背景説明

PE および CE ルータ間のルーティング プロトコルとして使用される OSPF の L3VPN セットアップではマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)クラウドからやって来られて PE ルータの OSPF に再配布される MP-BGP (ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルーティング、すべての LSA 時(かどうか型 3 は DN ビットが設定と、型 5 または 7)生成されます入力します。 PE が CEルータ、型 3、5、か DN ビットが設定との 7 LSA から、受け取るとき、LSA からの情報は OSPFルート計算で使用されません。 その結果、LSA は BGPルートに変換されません。 DN ビット チェックはルーティングループを防ぎます。

ただし、すべて本部ハブ PE ルータに接続される)複数の PE ルータがある OSPF PE-CE セットアップ(すなわち、のハブ アンド スポーク トポロジーのようなある特定の特別なシナリオが、トポロジーあります。 1 つからの LSA は別の VRF にループし、もどって来るところで、PE 範囲をハブ PE および CEルータ話しました。 ただしそれらが DN ビットを設定 してもらうので、これらの LSA (型 3 は OSPFルート計算で、5 または 7)使用されません。 予期は LSA がハブ PE の別の VRF にループし、もどって来るとき、それらは処理され、別のスポーク PE に最終的に方法を作る必要があることです。 従って、DN ビット無視機能は PE ルータでチェックする DN ビットをディセーブルにするためにノブを提供しました。

ハブ・アンド・スポーク OSPF PE-CE セットアップ

VPN タグが付いている DN ビット無視機能のインターオペラビリティ

型に 5 および型 7 LSA にそれらと関連付けられる外部タグがあります。 PE ルータの OSPF のほとんどの OSPF 実装は外部ルート タグ(VPN タグ)が PE subrouter に割り当てられるドメイン タグと異なっている場合型 5 か型 7 LSA を受け入れます。 外部ルート タグの DN ビット無視機能を相互運用するとき、PE ルータは DN ビット無視機能が有効に なり、LSA の外部ルート タグが subrouter に割り当てられるドメイン タグを一致するときだけ型 5 か DN ビットが設定との型 7 LSA を処理します。 ルーティングが型 5 または型 7.である場合一致するタグを確認する必要があります。

Cisco IOS ® との NX-OS 動作の比較

Cisco IOS 動作はここに記述されています:

  • Cisco IOS は複数の VRF CEルータのための DN ビットの無視の機能性を実現させるために「機能 VRF ライト」の概念を使用します。 VRF ライトはさらにそれが CEルータであるように PE 行為を、DN ビット無視作るものが含む機能のスイートです。 ドメイン タッグ マッチのような他のチェックは無効であり、すべてのエリアからのサマリールートを処理します。
  • Cisco NX-OS に明示的 な VRF ライトがありません。 標準 NX-OS VRF は全く VRF ライトです。
  • この VRF モード コマンドは Cisco IOS によって使用されます:
    # capability vrf-lite

結論として、この機能を慎重に有効に して下さい。 さもなければ、DN ビット チェックを無視すればそれはルーティングループという結果に終る場合があります。



Document ID: 117588