セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

システム状態値「以前のメッセージ」は Unattempted 受信者が含まれていますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

クリス Haag およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のシステム状態 ページにいろいろなカウンター、アプライアンスの健康を監視し、メール ストリームを理解する使用された両方である場合もあるレートおよびゲージがあります。

このページは Monitor>System ステータスによって GUI からアクセスである場合もあります

CLI から同じようなビューはステータス detail コマンドを使用して見つけることができます:

esa.example.com> status detail

Status as of:                  Wed Aug 06 08:24:18 2014 EDT
Up since:                      Wed Jul 09 15:10:21 2014 EDT
(27d 17h 13m 57s)
Last counter reset:            Wed Jul 23 14:21:11 2014 EDT
System status:                 Online
Oldest Message:                1 day 17 hours 10 mins 37 secs
Feature - Symantec Brightmail Anti-Spam: Expired
Feature - IronPort Image Analysis: Expired
Feature - Sophos Anti-Virus:   232 days
Feature - Bounce Verification: Perpetual
Feature - IronPort Anti-Spam:  232 days
Feature - IronPort Email Encryption: 232 days
Feature - RSA Email Data Loss Prevention: 232 days
Feature - Intelligent Multi-Scan: 68 days
Feature - Incoming Mail Handling: Perpetual
Feature - Outbreak Filters:    232 days


「以前のメッセージ」値は以前のメッセージがずっと配信を待っていること時間数を示します。 これには両方の作業待ち行列またはメッセージ 待 ち 行列にあるメッセージが含まれています。 従って unattempted 受信者値はメッセージ 待 ち 行列のアクティブな受信者のサブセットで、以前のメッセージを含むことができます。

以前のメッセージは「秒の最大数 キューにハードに跳ねられる前にメッセージか GUI の Network->Bounce プロファイル CLI の bounceconfig コマンドによって設定されて」、がようにとどまる、かもしれないより古くないはずです。



Document ID: 118196