セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

のシステム検疫影響メッセージの保持期間を既に調節して検疫しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の、また Ciscoセキュリティ 管理 アプライアンス(SMA)のシステム検疫の保持期間を調節する効果を記述したものです。

スティーブン Fiebrandt およびジャッキー Fleming によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

保持時間を変更することはシステム検疫のメッセージに効果を既にもたらします。 メッセージを発表する前に、検疫は現在継続的保持期間に対してメッセージをチェックします。 たとえばオリジナル保持期間の前にアンチウィルス ベンダーが提供するウイルス定義がないかもしれなければ、ウイルスを使用してサイトはファイラ(VOF)が切れる保持期間を拡張したい場合もある発生。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118176