セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA Safelists/Blocklists バックアップ手順

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の Safelists/Blocklists (SLBL)をバックアップする方法を記述されています。

カール・ロジャーズおよびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)および AsyncOS のすべてのバージョンに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

SLBL バックアップ ファイルを生成して下さい

ESA Webインターフェイスから、システム 管理 > コンフィギュレーション ファイル > エンドユーザ Safelist/Blocklist データベース(スパム検疫)にナビゲート して下さい この位置からのバックアップ ファイルを生成できます。

: クラスタで複数の ESA がある場合、各々の反対ユニットにバックアップ ファイルをアップロードして下さい。

SLBL 設定をインポートし、エクスポートするために CLI に slblconfig コマンドを入力して下さい:

> slblconfig

End-User Safelist/Blocklist: Enabled

Choose the operation you want to perform:
- IMPORT - Replace all entries in the End-User Safelist/Blocklist.
- EXPORT - Export all entries from the End-User Safelist/Blocklist.
[]> export

End-User Safelist/Blocklist export has been initiated...
Please wait while this operation executes.

End-User Safelist/Blocklist successfully exported to
slbl-782BCB64XXYY-1234567-20140717T020032.csv (200B).

File Transfer Protocol (FTP)によってそれから新しく作成された、エクスポートされた SLBL 設定を取得し、保つために ESA にアクセスして下さい:

$ ftp user@myesa.local
Connected to myesa.local.
220 myesa.local.rtp Cisco IronPort FTP server (V8.5.6) ready
331 Password required.
Password:
230 Login successful.
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> hash
Hash mark printing on (1024 bytes/hash mark).
ftp> bin
200 Type set to Binary.
ftp> cd configuration
250 CWD command successful.
ftp> ls
227 Entering Passive Mode (172,16,1,1,XX,YYY)
150 Opening ASCII mode data connection for file list
drwxrwx--- 2 root config 512 Oct 14 2013 iccm
-rw-rw---- 1 admin config 1117 Oct 14 2013 profanity.txt
-rw-rw---- 1 admin config 90 Oct 14 2013 proprietary_content.txt
-rw-rw---- 1 admin config 2119 Oct 14 2013 sexual_content.txt
-rw-rw---- 1 admin config 28025 Oct 14 2013 ASYNCOS-MAIL-MIB.txt
-rw-rw---- 1 admin config 1292 Oct 14 2013 IRONPORT-SMI.txt
-r--r--r-- 1 root wheel 436237 Jul 9 16:51 config.dtd
drwxrwx--- 2 root config 512 May 28 20:23 logos
-rw-rw---- 1 root config 1538 May 30 17:25 HAT_TEST
-rw-r----- 1 admin config 18098688 Jul 9 16:59 warning.msg
-r--r--r-- 1 root wheel 436710 Jul 9 16:51 cluster_config.dtd
-rw-rw---- 1 nobody config 200 Jul 16 22:00
slbl-782BCB64XXYY-1234567-20140717T020032.csv
#
226 Transfer Complete
ftp> get slbl-782BCB64XXYY-1234567-20140717T020032.csv
local: slbl-782BCB64XXYY-1234567-20140717T020032.csv remote:
slbl-782BCB64XXYY-1234567-20140717T020032.csv
227 Entering Passive Mode (172,16,1,1,XX,YYY)
150 Opening Binary mode data connection for file
'slbl-782BCB64XXYY-1234567-20140717T020032.csv'
#
226 Transfer Complete
200 bytes received in 00:00 (8.63 KiB/s)
ftp> exit
221 Goodbye.

バックアップ ファイルは今ローカルで転送されます。 必要に応じて SLBL エントリを開き、見ることができます。



Document ID: 117922