セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: セキュリティ アプライアンス モデルがハードウェア障害を経験する場合アラート電子メール通知を受信しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Ciscoセキュリティ アプライアンスのためのハードウェア障害に基づいて生成されるアラート電子メール通知を記述したものです。

Nasir Shakour およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

セキュリティ アプライアンス モデルがハードウェア障害を経験する場合アラート電子メール通知を受信しますか。

はい、いいえ Ciscoセキュリティ アプライアンスはある特定のハードウェア の 状態が発生するとき自己モニタリング機能があり、アラート電子メール通知を生成でき。  これらのアラート 通知は alertconfig コマンドを使用して制御されます。 

alertconfig を使用する、セキュリティ アプライアンス モデルによって生成されるすべての警告メッセージを受け取るために eメールアドレスのリストを確立できます。  またカスタマ・サポートに送信 されるこれらの警告メッセージのコピー、またアプライアンスの性能特性の週間概略があることができます。

警告メッセージは介入を必要とする重要なシステム問題について知らせるように設計されています。 警告メッセージがアプライアンスで稼動する別の電子メール システムによって送信 されるので AsyncOS 内に問題があるとき送信 することができます。 

警告メッセージを生成する AsyncOS オペレーティング システムに根本的なハードウェアに限られた表示があります。 AsyncOS にディスク I/O RAID サブシステムのステータスのナレッジがある間、ファンまたは電源装置の障害のようなシステム マザーボード自体によって、報告される問題のナレッジを持っていません。  これはディスク ドライブの失敗またはキャッシュ バッテリ 置換用の要件のようなディスク サブシステム内の問題が、警告システムによって、送信 されることを意味します。

システム内の温度過昇を引き起こしているファン障害によりのような他の問題は、アラートによって送信 されません。  その代り、これらの問題はシステム バイオスによって検出する、フロントパネル ディスプレイによって報告されます。 AsyncOS はトラップし、警告 するべき機能がこれらのエラーに基づいてありません。

すべてのセキュリティ アプライアンス モデルで、フロントパネルは 4 つの状態の 1 つにある場合もある目に見えるステータス インジケータがあります:

  • オフ -- システムは消えます。
  • 、ブルー -- システムは普通オペレーティングです。
  • 点滅、ブルー -- システムは普通オペレーティング、これですシステム identificaiton 光です。
  • 点滅、オレンジ -- ハードウェア障害はあります。

システム状態標識を毎日チェックすることを推奨します。 詳細については、次のサイトを参照してください。

IronPort アプライアンスのもっとも一般的な メッセージは次のとおりです:

  • E0119/TEMP (-システムの温度あります、TEMP BP は、TEMP CPU 1 (または 2)、TEMP システム ABIENT 示すように) TEMP として許容可能な範囲から。  これは通常壊れる冷却ファンを示します。  最近インストール済みシステムでは、それは mis インストールされたプロセッサ脱熱器を示すかもしれません。
  • E0212/VOLT は許容可能な範囲から(と同時に V 3.3、V 5、V 12 が、V BATT、V BP 3.3、V BP 5、V CPU VRM、V NIC 1.8V、V NIC 2.5V、V 平面 REG)示すように-システム内の 1つ以上の電圧あります。  これは通常不良な電源を示します。  最近インストール済みシステムでは、それはコンポーネントの緩いケーブルか幼児失敗を示すかもしれません。  V BATT メッセージは不良なシステム バッテリを示します。 
  • E0412/RPM ファン-システム エンクロージャ内の冷却ファンの 1 つは十分に速く回っていません(または抜けています)。  ファンは即時交換を必要とします。
  • E0876/POWER PSE0880/INSUFFICIENT PS -電源の 1 つは抜けています、プラグを抜かれて、または取り替えられるために故障および必要。 
  • E0CB2/MEM スペア バンクか E0CF1/(multiple コード)か E0CF5/(multiple コード) -システム内の記憶誤 りは許容可能な限界を超過しました。  1つ以上のメモリモジュールは不完全または不適当にインストールされる。  最近インストール済みシステムでは、メモリモジュールを再置することはこのエラーを解決するかもしれません。 
  • E0F04/POST は(ので POST CMOS、POST CPU 速度、POST DMA INIT、POST DMA REG、POST KYB 制御、POST MEM RFSH、POST PIC REG、POST シャドウが、POST SHD TEST、POST SIO、POST タイマー、POST ROM CHKSUM)示すように-システム POST (電源投入時自己診断テスト)失敗しました。  システムは取り替えられる必要があります。 

他のエラーはまた可能性のあるでが、コンポーネントの配布被害か幼児失敗を示す最近インストール済みシステムに一般に出て来ます。  あらゆるハードウェア障害に関しては、システムができるだけ早く維持され、修理されることは重要です。  電源およびファン障害が持って来る熱集結における問題はセキュリティ アプライアンス モデルのの中のそれ以上の損害を与える場合があります。

関連情報



Document ID: 118064