セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

アラートおよび通知のような内部で生成されたメッセージはフィルター、反スパム、またはアンチウィルスによってスキャンされて得ますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

Tomki キャンプおよびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問

内部で生成されたメッセージはフィルター、反スパム、またはアンチウィルスによってスキャンされて得ますか。

回答

どの内部で生成されたメッセージでも「ポリシー」ごとの反スパムのような電子メール パイプラインのスキャン セクションのフィルタ エンジン、か他のどの一部をまたはアンチウィルス通過しません。

内部で生成されたメッセージの型:

  • 警告メッセージは ESA によって ESA の変更状況 条件の指定受信者を知らせるために生成されます。
  • 呼出 メッセージは知らせフィルタ アクションによって生成されます。 (これらのメッセージは監視されたメッセージの完全なヘッダが含まれていますが、メッセージのコンテンツが含まれていません)
  • BCC メッセージは BCC フィルタ アクションによって生成されます。 これらのメッセージはウイルスが含まれるか、または無差別に送信するかもしれない元のメッセージの完全なコピーです。
  • バウンス メッセージはフィルタ アクション、か正常なメッセージ デリバリー試みの間に失敗によって生成されます。
  • BCC への代替はメッセージを送信 する BCC スキャン、で、およびスパムは正常なメッセージのような作業待ち行列によって両方のウイルスのためにスキャンします。  ただし、それらはメッセージ フィルターを通して再度送信 されません。 これは bcc'd アドレスにウイルスの潜在的な配信を防ぎます。

Cisco ESA 電子メール パイプライン


メッセージ フィルター操作に関する詳細については、電子メール上級構成ガイドについては AsyncOS を参照して下さい:

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス エンドユーザ ガイド 



Document ID: 118105