Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

データ 仮想化 スイート FAQ: 応答しないか、またはプロセスがハングするときどのように CIS サーバプロセスのスレッド ダンプするを生成しますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料が Microsoft Windows および UNIXプラットフォームでデータ 仮想化 スイート Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)スレッド ダンプを生成するために必要なステップを説明したものです。 Ciscoサポートはサーバが応答しないか、またはプロセスがハングすればサーバの状態を検査するために CIS スレッド ダンプするを要求できます。

スコア Shao および Suresh Kumar Venkatesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

応答しないか、またはプロセスがハングするとき CIS サーバプロセスのスレッド ダンプするを生成する方法

30 の第 2 または 1 分間隔で奪取 される 5 つの個別のスレッド ダンプを生成するために提供されるこの資料でステップを使用して下さい。

Windows に関しては

  1. Windows cmd セッションからの合成サーバを開始して下さい。 これをするために、入力して下さい: <your インストール dir> \ビン\ composite_server.bat 実行。

    : cmd セッションのプロンプトはハングさせてようですが、まだ前景で動作します。

  2. サーバの問題を再生する直後に、スレッド ダンプするを生成するために Ctrl-Break を押して下さい。
  3. スレッド ダンプするを表示するために、名付けられるファイルに行って下さい:
    <install dir>\logs\cs_server.out.<yyyymmddhhmmss>

    たとえば 4:50 にスレッド ダンプするを 2009 年 4月 30 日生成したら、そして名付けられたファイルを表示します:

    cs_server.out.20120430165044

    : 複数のスレッド ダンプは同じファイルに記録 されます。

Unix および Linux に関しては

  1. Unix または Linux コマンド コンソールから、プロセス ID (PID)を得るのに 2 つのメソッドの 1 つを使用して下さい:
    1. 次のように入力します。 ps ----E-F | インストール ディレクトリから開始したグレップ Java および合成サーバと関連付けられる Java プロセス 探される。

      Java プロセスの例:

      root 2079843812 9304 9294 0 0:02.28 ttys000 0:35.19 /usr/local/Composite_Software/
      CIS_5.2.0/jre/bin/java -server -XX:NewRatio=6 -XX:-UseGCOverheadLimit -XX:+HeapDump
      OnOutOfMemoryError -XX:HeapDumpPath=/usr/local/Composite_Software/CIS_5.2.0/logs
      -XX:PermSize=64m -XX:MaxPermSize=256m -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/Composite_
      Software/CIS_5.2.0/apps/common/lib/endorsed -Dfile.encoding=UTF-8 -Dorg.apache.
      commons.logging.log.com.sun.xml.rpc=error -Dorg.apache.commons.logging.Log=org.
      apache.commons.logging.impl.Log4JLogger -Dlog4j.configuration=/usr/local/Composite
      _Software/CIS_5.2.0/conf/server/log4j.properties -Djava.security.properties=/
      usr/local/Composite_Software/CIS_5.2.0/conf/server/java.security -Dorg.mortbay.
      xml.XmlParser.Validating=false -Dorg.mortbay.jetty.servlet.SessionCookie=JSESSIONID
      :9400 -Dorg.apache.xml.dtm.DTMManager=com.compositesw.xml.dtm.pdtm.ProxyDTMMgrImpl
      -Dorg.apache.xml.utils.AbstractDOMBuilder=com.compositesw.xml.dtm.pdtm.ProxyDOM
      Builder -Xmx1024m -Dorg.apache.tuscany.sca.host.embedded.SCADomain=com.compositesw.
      server.soa.runtime.core.CisSCADomain -Dorg.apache.tuscany.sca.osgi.runtime.OSGi
      Runtime=com.compositesw.server.soa.runtime.core.CompositeOSGiRuntime -Dorg.osgi.
      service.http.port=9405 -Dapps.install.dir=/usr/local/Composite_Software/CIS_5.2.0
      -Dconf.install.dir=/usr/local/Composite_Software/CIS_5.2.0 -classpath /usr/local/
      Composite_Software/CIS_5.2.0/apps/base/lib/csbase.jar com.compositesw.base.boot.
      ServerBoot run
    2. また、コマンドを入力できます: Netstat ----lnp | 複合が受信 on> PID を判別するためにであることグレップ <port
  2. サーバに対応する Java PID を判別したら、コマンドを入力して下さい: -3 <PID> を止めて下さい
  3. スレッド ダンプするは名付けられるファイルで生成します: 「<your インストール dir> \ログ\ cs_server.out.<yyyymmddhhmmss>」。

    たとえば、3:37 に 2011 年 3月 22 日生成されたスレッド ダンプするは指名されます:

    cs_server.out.20110322153729

    : 複数のスレッド ダンプは同じファイルに記録 されます。 AIX プラットフォームは <install dir> \ログ フォルダでスレッド ダンプするおよびまた heapdump* ファイルが含まれている javacore* ファイルのペアを生成します。

スタジオから(すべてのサーバプラットフォームによってサポートされる)

  1. スタジオ マネージャ メモリ コンソールに行って下さい。
  2. 「/logs/cs_server_status.log」にスナップショット 間隔をダンプするために自由な未使用メモリ ボタンをクリックして下さい。 このステータス ログわずかに短縮されるが、簡単にアクセスできる、スレッド ダンプする含まれています。

    : このステップはサーバがステータス ログに書くには十分に敏感であることを必要とします。


    スレッド ダンプするの例:

    Full thread dump Java HotSpot(TM) Server VM (1.4.2_10-b03 mixed mode):
    "Timer Thread" daemon prio=2 tid=0x02ed0818 nid=0x288 waiting on condition
    [580f000..580fd90] at java.lang.Thread.sleep(Native Method)at com.compositesw
    .server.trigger.TimerCondition.run(TimerCondition.java:174) at java.lang.Thread
    .run(Unknown Source)"Thread-32" prio=5 tid=0x03346d50 nid=0xb50 in Object.wait()
    [57cf000..57cfd90] at java.lang.Object.wait(Native Method) - waiting on <0x104d0058>
    (a java.util.ArrayList) at java.lang.Object.wait(Unknown Source) at com.compositesw.
    server.services.structlog.LoggerManager$LogThread.run(LoggerManager.java:195) -
    locked <0x104d0058> (a java.util.ArrayList)

    IBM AIX プラットフォームの場合、スレッド ダンプするは 'javacore1306718.1174604495.txt と同じような名前のファイルの別の ディレクトリに行くことができます。 この例では、スレッド ダンプするのロケーションは /opt/Composite_Software/CIS3717/logs ディレクトリの cs_server.out ファイルにあります。

    JVMDG217: Dump Handler is Processing Signal 3 - Please Wait.
    JVMDG303: JVM Requesting Java core file
    JVMDG304: Java core file written to /opt/Composite_Software/CIS_3.7.1/apps/
    server/javacore1306718.1174604495.txt
    JVMDG215: Dump Handler has Processed Dump Signal 3.


Document ID: 118031