Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

データ 仮想化 スイート FAQ: どのように CIS JDBC トレースを有効に しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は JDBC クライアントからの Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)に接続されるとき JDBC トレースを有効に するのに使用できる有用な Java DataBase Connectivity (JDBC) URL パラメータを記述したものです。

Sadia アリによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

CIS JDBC トレースを有効に する方法

URL パラメータ

JDBC クライアント トレースを行うために、URL パラメータをここに参照して下さい:

  • オリジナル JDBC URL ジェネリック: JDBC: compositesw: dbapi @ < ホスト名 >: <Port> か。domain=<domain>&dataSource=<datasource>
  • オリジナル JDBC URL 例: jdbc:compositesw:dbapi@localhost:9491?domain=composite&dataSource=examples

「Cisco 情報 サーバクライアント インターフェイス ガイド」の「JDBC ドライバ接続 URL Properties」セクションを参照して下さい。 &unsupportedMode=silent のような追加パラメータがある場合、あるようにそれらのパラメータを残すことができます。

オプション 1

JDBC クライアント トレースを行い、&traceFolder=<foldername> &traceLevel=all を追加 して下さい。 この場合、tracefile この技術情報で URL パラメータへの CsJdbcDebug.txt と指名されます。

トレースの一般的 な 形式:

jdbc:compositesw:dbapi@:?domain=&dataSource=
&traceFolder=<Full_path_to_folder>&traceLevel=all

例: 

jdbc:compositesw:dbapi@localhost:9491?domain=composite&dataSource=
examples&traceFolder=C:\temp&traceLevel=all

: このオプションでは、トレースファイルは自動的に CsJdbcDebug.txt と名付けられ、指定されたフォルダーで作成されます。

オプション 2

tracefile 名前を、によって規定 するために完全なファイル パスを規定 して下さい。 &traceFile=Full_path_to_filename>&traceLevel=all を使用し、traceFolder パラメータを使用しないで下さい。

トレースの一般的 な 形式:

jdbc:compositesw:dbapi@:?domain=&dataSource=&traceFile
=<Full_path_to_filename>&traceLevel=all

例:

jdbc:compositesw:dbapi@localhost:9491?domain=composite&dataSource=examples&traceFile=
C:\\tempjdbctracefile.log&traceLevel=all


Document ID: 117749